日本人の英語 (岩波新書)

  • 岩波書店
3.88
  • (282)
  • (362)
  • (347)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 3802
レビュー : 326
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人が無意識に陥っている「変な英語」に焦点をあて、何が変なのかを解説。
    知っているようで知らない、無意識に使ってしまっている「変な英語」がたくさんあることに築いた。
    繰り返し読みたい1冊

  • 初めて海外留学に行くときに読んだ.
    かなり目から鱗だったことは覚えているのだが,内容は覚えていない.
    内面化されたということか,それとも忘れてしまったのか.
    再読したい.

  •  著者が日本人の使う英語の間違った点や気をつける点などを述べている本です。
     例えば「a」と「the」をどのように使い分けるか、あるいはどちらも使う必要がないのかといった、意外と理解できていないことも色々書かれてあって面白い本です。

  • 【感想】
    面白いがもの足りない……
    刊行当時には新しい視点という価値があった。しかし現在では改善された類書も多く、あえてこの本を選ぶ必要がない。古い人が薦めそうな印象がある。

    本書が「いい本」なのは否定できないが、英語本は競争が激しく「より良い本」が存在するため、(他人にオススメするような場合:本の質について上方にのみ注目し選択する場合)相対的に本書は「そこそこ」に近づいている。

    悪い点はないが、有名だからという理由で薦めるのは(私には)憚られる。ただし、新刊書の「はずれ」を読む/買うことが怖ければ、無難な選択肢として本書をチョイスしてもいいと思う。

  • 東大の教授が新入生に薦める本100みたいなリストに入ってた本。

    ぱっと見よくある文法解説書なんだけど、
    読むと薦める理由わかる。

    日本の英語教育がいかに的外れなことばかりやってきたか。
    こういうニュアンスとか、表現のちがいを教えてくれれば英語への苦手意識はなくなっただろう。

  • a.theのカテゴリー、オフとアウト、複数

  • ある程度英語を使う人なら、読むべき一冊。
    もっと早くによみたかった。

  • 名著再読。読んで目から鱗が何枚か落ちたので、前回読んだ内容が頭に入っていないことが判明した。日本語の特性を熟知したネイティブが明快かつ端的に英語について説く。英文を書く人は必読。日本人の多用する"Especially,"、これはありえんらしい。

  • 日本人には理解が難しい、冠詞、単複、前置詞などについての解説書。
    中学生の時に読んでいたら、これほどまでに英語に対して苦手意識を持たなかったかも。

  • 登録番号:10905 分類番号:835ピ

全326件中 61 - 70件を表示

日本人の英語 (岩波新書)のその他の作品

日本人の英語 (岩波新書) Kindle版 日本人の英語 (岩波新書) マーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの作品

ツイートする