日本人の英語 (岩波新書)

  • 岩波書店
3.88
  • (282)
  • (362)
  • (347)
  • (20)
  • (6)
本棚登録 : 3803
レビュー : 326
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今までよくわかっていなかったことが、少しわかった気がします。

  • 【112冊目】英語学習者には結構有名な本らしいんだけど、お恥ずかしいことに最近知りました。確かに名著だなと思います。

    著者のマーク・ピーターセンは、アメリカ出身の日本文学研究者で、来日して明治大学で教鞭をとっていた方のようです。

    この本の最大の特徴は、日本語に堪能なネイティヴ・スピーカーが、日本人の英語論文を添削していて気付いた点を中心に記載されているということ。したがって、非常に理解しやすい。英語のネイティヴに英語を教えてもらうのは非常に貴重な体験ですが、日本人にとっては、言葉の背景にある文化・慣習を知らなかったり、英語話者独特の抽象概念を理解するのが困難だったりと、英語話者特有の「感覚」みたいなものが障害となることが多いように思います。

    例えば、
    I ate a chicken last night.

    I ate chicken last night.
    の違いなんか、日本人にはなかなか理解しがたいところがあると思います。

    本書は、豊富な例文と、機知に富んだ日本語による地の文があいまって、大変読みやすく、理解もかなり容易でな文章です。

    なによりも、日本人には理解困難(であるが故に、英語学習において難所となりやすい)aとtheの使い分けや、関係代名詞の制限的用法と非制限的用法等、かなり重要な論点を扱ってくれています。これは、私のように、会話やエッセイで英語を使用しなければならない人間にとってはかなり重要なことです。本書を読む前と読んだ後では、私の英語はだいぶ違うものになったような気がします。

    もちろん、本書は英語の正確な使用法を説明したものですので、一朝一夕に私の英語が改善されたものではありませんが、例えば、過去形や完了形の使用には注意を払うようになりましたし、日本人の名前を話すときに苗字と名前を入れ替えることはしなくなりましたし、文章を書くときに「therefore」を使う頻度は格段に少なくなりました。

    何度も読み返して、血肉にしたい1冊です。

  •  英語と日本語の両方に精通している著者だからこその内容でした。日本語にはない数量詞の概念など、思わずなるほど〜と納得してしまいます。ユーモアのある例文で、笑えて頭に残る名著です。

  • "I ate a chicken"と"I ate chiken"の違いは何か、Especially とin particularの違い、「それゆえに」を表す際の"therefore"はネイティブにとってはどんなニュアンスか、東京大学は"the University of Tokyo"と訳せるのになぜ明治大学は"Meiji University"と訳さなければならないのか、こういった事例をもとに英語の論理を非常にわかりやすく教えてくれる本。日常の仕事で英語を使う身としては非常に勉強になった。

  • 日本人がおちいる間違った(変な)英語。
    するどい指摘連発。

    通じれば少々の間違いはいいじゃない。
    それもそうだが、やはりネイティブに近づく努力も必要だろう。

  • 本多勝一の『日本語の作文技術』を読んだときと同じくらい勉強になった。意識のレベルで英語がどのように成り立っているかを理解できた。日本人の英語が伝わらない理由も分かった。発音の問題だけでなく、意味がそもそも成り立ってないことが多いのだな。英語理解の助けとなる良書だと思う。

  • 英語、日本語の言語の違いを知る意味においては面白かった。
    ただネイティブじゃないので結局のところ微妙なところまでは一生使いこなせないと思う。
    まぁオーラルのコミュニケーションはわかってくれるだろうし、論文執筆はそのために英文校正があるのだからいいんじゃない、という気がします。

  •  日本人にはわからない、英語の感覚みたいなものがわかったような気がする。

  • 今まで英語を何年も勉強してきたけれど、新しい発見がたくさんあってとても興味深かった。 なかでも、aとtheに名詞が付いている。accordinglyは「ある状態に合わせて何かをする」、 consequentlyは「ある状態の当然の結果として、何かの状態となる」という違い、などは印象に残った。
    読んでみて、英語の奥深さというか、難しさを改めて知ったし、今まで自分はとても不自然な英語を多用してきたんだろうなあと思った。
    間違いや不自然さを恐れることなく英語を使っていきたいが、これを機に話す前にいろいろ考えこんでしまいそう。 aかな、theかな?などなど。。

  • 非常にわかりやすかった。

全326件中 71 - 80件を表示

日本人の英語 (岩波新書)のその他の作品

日本人の英語 (岩波新書) Kindle版 日本人の英語 (岩波新書) マーク・ピーターセン

マーク・ピーターセンの作品

ツイートする