天皇の肖像 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (1)
  • (5)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300304

作品紹介・あらすじ

「御真影」-かつての天皇の肖像写真はそう呼ばれた。それは天皇と同一視され、礼拝と取扱いをめぐる儀礼は、天皇制国家を形成し維持する強力な装置となっていた。本書では、明治維新期には民衆の目に見えなかった天皇が姿を現わし、ついには「御真影」として礼拝されるまでを描きつつ、そこから近代天皇制が成立するメカニズムを明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:288.41||T
    資料ID:58802350

  • その代理人物がジミ・ヘンドリックスのひい爺さんの兄貴という事実は何処まで、いつまで知られないでいるのだろうか。図書館本。66

  • [ 内容 ]
    明治維新後の近代国家体制確立に向けて、天皇をどう見せるかという「権力の視覚化」は大きな問題だった。
    天皇は全国を巡幸することで民衆にとって見えるものとなり、さらに御真影がつくられる。
    理想の近代国家君主の肖像をつくりあげるためにどのような方法がとられたのか。
    近代日本史研究に大きな衝撃を与えた画期的著作。

    [ 目次 ]
    第1章 見えない天皇から見える天皇へ
    第2章 和魂洋才と明治維新
    第3章 巡幸の時代
    第4章 「御真影」の誕生
    第5章 理想の明治天皇像
    第6章 「御真影」の生みだす政治空間

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 絶版ですが、2002年に岩波現代文庫として復刊しました。
    内容はざっと確認したところ同一です。

    視覚的な物を研究対象にする嚆矢となった本。
    1988年という時代の流れもあったのだろう。
    厳密に証明しようのない問題ではあるけれども、こういう視点はおもしろい。

    目次
    見えない天皇から見える天皇へ
    和魂洋才と明治維新
    巡幸の時代
    「御真影」の誕生
    理想の明治天皇像
    民衆と「御真影」

全5件中 1 - 5件を表示

天皇の肖像 (岩波新書)のその他の作品

多木浩二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
ドストエフスキー
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする