演劇とは何か (岩波新書)

著者 : 鈴木忠志
  • 岩波書店 (1988年7月20日発売)
3.55
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 71人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300328

作品紹介

演劇が現代に対して持つ意味は何か。その可能性はいかにして切り開かれていくのか。本書は世界的に活躍する演出家が具体的な実践にもとづいて展開する演劇論である。著者は演出・演技の方法、劇団という集団の持つ意味について独自の考えを展開し、活動の拠点・富山県利賀村から、文化の国際交流がいかにあるべきかを提言する。

演劇とは何か (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初版:1988年か。古びてないと思う。

  • 教養ゼミで使っているテキスト。
    言葉は平易だけど、意外と意味が分からない。

全3件中 1 - 3件を表示

鈴木忠志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・ゴー...
遠藤 周作
安部 公房
三島 由紀夫
ウィトゲンシュタ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

演劇とは何か (岩波新書)はこんな本です

演劇とは何か (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする