台湾―人間・歴史・心性 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.92
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300410

作品紹介・あらすじ

台湾では88年初頭に蒋経国総統が死去し、本省出身の李登輝新総統が登場した。また、戒厳令の解除、大陸訪問の規制緩和、野党・民進党の躍進、国民党指導部の世代交代など、大きな転機を迎えている。本書は台湾の歴史の展開を追うことによって現在の変動の底流を見極め、複雑な状況下におかれてきた人々の心を描き、台湾の行方を展望する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 台湾の歴史について非常に正確かつ詳細に記述してあり、勉強になった。古書店で求めたのだが、いかんせん古い。古すぎる。李登輝がまだ総統になったばかりだ。
    著者がまだ存命かどうか承知していないが、李登輝の治世についての著者見解も聞いてみたいものだ。

  • マンションで読む。再読です。でも、覚えていない。記述は丁寧です。再読の価値があります。

  • もうすぐ台湾に旅行するので読んでみた。

    話は大航海時代から始まる。
    台湾の先住民や移民がどのように暮らし、諸外国の進出が彼らにどんな影響を与えたかを知るのに役立つだろう。

  • [ 内容 ]
    台湾では88年初頭に蒋経国総統が死去し、本省出身の李登輝新総統が登場した。
    また、戒厳令の解除、大陸訪問の規制緩和、野党・民進党の躍進、国民党指導部の世代交代など、大きな転機を迎えている。
    本書は台湾の歴史の展開を追うことによって現在の変動の底流を見極め、複雑な状況下におかれてきた人々の心を描き、台湾の行方を展望する。

    [ 目次 ]
    1 台湾とは何か(台湾の先住少数民族;本省人と外省人)
    2 台湾史の原景(地名の変遷が語るもの;明朝期における大陸と台湾;オランダの台湾支配;漢族政権の登場;清朝前期の台湾;清朝後期の台湾新政)
    3 日本の植民地支配(台湾出兵と日清戦争;日本軍の台湾進駐と抗日の複雑な諸相;後藤新平の台湾統治策;植民地型開発と台湾住民の抵抗)
    4 光復の明と暗、2・28事件の悲劇(光復と社会の諸相;国府軍の台湾到着;2・28事件の悲劇と傷痕)
    5 国府中央の台湾移転と国民党支配の確立(台湾での国共抗争;「三七五減租」と赤狩り;国府へのアメリカの援助;一党専制の確立)
    6 「経済奇跡」への道とその代価(経済奇跡の実像と虚像;元日本軍人の国府への協力;経済発展の台湾的特殊性)
    7 社会は激変のさなかにあって(60年代の反体制運動;台湾独立運動の虚と実;70―80年代の反体制運動)
    8 ストロングマンの死と新時代の幕開け(蒋経国の死と李登輝の登場;党主席代行の推挙をめぐる攻防と両李体制;李新総統の課題と政治の現実;台湾はどこへ行く?)
    台湾史年表

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • ☆未読

全5件中 1 - 5件を表示
ツイートする