現代日本の保守政治 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.18
  • (0)
  • (2)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300618

作品紹介・あらすじ

保守政治はなぜ続くのか。その構造はどう変わりつつあるか。支配体制の腐蝕はどこまで進んだか。佐藤長期政権の時代から"三角大福鈴"5代による混迷の模索、さらに中曽根を経て竹下に至る4半世紀の歩みを検証し、自民党政治の特質を浮かび上がらせる。長い取材経験を生かして、代議士の生態やカネとの結びつきにも光をあてる好著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    保守政治はなぜ続くのか。
    その構造はどう変わりつつあるか。
    支配体制の腐蝕はどこまで進んだか。
    佐藤長期政権の時代から“三角大福鈴”5代による混迷の模索、さらに中曽根を経て竹下に至る4半世紀の歩みを検証し、自民党政治の特質を浮かび上がらせる。
    長い取材経験を生かして、代議士の生態やカネとの結びつきにも光をあてる好著。

    [ 目次 ]
    序章 戦後政治から現代政治へ
    第1章 佐藤長期政権の明暗
    第2章 1970年代の混迷
    第3章 保守再建の模索
    第4章 一党支配の再構築
    第5章 現代保守政治の生態
    終章 政治に問われるもの

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

内田健三の作品

ツイートする