白球礼讃―ベースボールよ永遠に (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.67
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300649

作品紹介・あらすじ

暑い草いきれのなか、白球を追う。無心になってゲームをするときの幸福感-。草野球チームの監督兼3塁手としてプレーする詩人が、アメリカの野球殿堂を訪ね、チームの公認を得る。そこには元大リーガーも入団する。さらにグラヴやバットの職人を訪ねては、野球への情熱を聞く。ベースボールへの愛が一杯に詰まった一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正岡子規「筆まかせ」 「運動となるべき遊技」を順々にけなし、「ベースボールほど愉快にみちたる戦争は他になかるべし」という。 「戦争」と「愉快」との語のコントラストを味わうべきことばだろう。ベースボールという場所では、真剣味も遊びごころも、悲壮も陽気も、たくらみも無邪気も、ひとつの場所に融けあって豊かにひろがる。 世界と同じ深さとひろさをもつゲームだ。 世界の深まりとひろがりとたたかうゲームなのだ。 この本は、あちこちにあるあった草野球チームの任意の一草が語ったものにすぎない。だからこそ、同じ光りに打たれ、 同じ風ににそよぐ思いはたくさんあるだろう。

  • 全ての野球好きな人、野球が好きだったことがある人、野球の面白さがわからない人に読んでもらいたい本です。
    優れた詩人が野球に愛情を込めて書いたこの本を読むと、世に溢れるつまらないゴシップやゴミのような情報をソースに語られることの多い「野球談話」からは決して味わうことのできない、野球の魅力に気がつくことでしょう。

  • 草野球チームに入りたくなる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

【著者】平出 隆(ひらいで・たかし)
1950年生まれ。詩人・作家、多摩美術大学図書館長・教授。
版元 via wwalnuts 主宰。河出書房新社の編集者として澁澤龍彥、川崎長太郎らを担当。
2005年、ライプツィヒ国際ブックフェアにおいて、
自装による長篇評伝『伊良子清白』が「世界でもっとも美しい本」賞の候補となる。
小説『猫の客』(河出書房新社、2001年)で木山捷平文学賞を受賞。
同書の英語版は2014年にニューヨークタイムズ・ベストセラー入りを果たし、
英語版の実売は10万部を突破、世界24か国での刊行が決まっている。

「2018年 『私のティーアガルテン行』 で使われていた紹介文から引用しています。」

平出隆の作品

ツイートする