私の昭和映画史 (岩波新書)

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 廣澤榮
  • 岩波書店 (1989年7月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300809

作品紹介

あっ、キスシーンがない!『未完成交響楽』の検閲に歯ぎしりした小田原の映画少年は、病こうじて戦争末期の東宝撮影所の門をくぐった。以来、国策映画のカチンコを打ち、敗戦直後の東宝争議を経験、『七人の待』や『雪国』を熾烈な助監督の現場をくぐり、『サンダカン八婦娼館・望郷』など昭和を問うシナリオを書きつづけてきた著者の軌跡。

私の昭和映画史 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大変面白い。何かに特化して生きている人というのは、とても魅力的だし、魅力的な人の人生は面白い。

  • シナリオライターである著者の自伝です。映画界入りした後よりも、映画界に入る以前の少年期、青年期の記述の方が面白く読めまし。特に、当時(昭和戦前期)の小田原の状況はなかなか興味深いものが有ります。

全2件中 1 - 2件を表示

廣澤榮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私の昭和映画史 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする