やきもの文化史―景徳鎮から海のシルクロードへ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300830

作品紹介・あらすじ

火と土が出会い、焼き物ができる。中国の陶工はその素朴な技術を何千年もかけて磨き上げ、傑出した作品を数多く産み出した。それらはまた中国の特産品として世界中に交易され、各地の港跡に散らばる破片は「海のシルクロード」を浮かび上がらせた。景徳鎮を中心に伝統の中国陶磁に秘められたドラマを描き、焼き物文化の世界史的意味を考える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「海のシルクロード」の概念を定着させた焼き物ひとすじン十年、の三杉先生の著作。焼き物は大好きですが、見るだけで技法の区別すらついてなかったので、大阪東洋陶磁美の「汝窯展」を見たついでに借りました。わかりやすく興味深かったので星5つ。難点は故宮博物院やパーシヴァル・デヴィッドコレクションを見に行きたくなることですかね。

全1件中 1 - 1件を表示

三杉隆敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

やきもの文化史―景徳鎮から海のシルクロードへ (岩波新書)はこんな本です

ツイートする