芭蕉、旅へ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300953

作品紹介・あらすじ

芭蕉が「奥の細道」の旅に出て、300年。遥かみちのくの漂泊の旅を綴るこの紀行文が、人々を魅了しつづける秘密はなにか。芭蕉が最晩年に描いた「旅路の画巻」には、農民や武士、市井の人々など、旅のさなかに見つけたさまざまの人生が登場する。画巻の解説を通じて、芭蕉の見た旅の現実が文学作品になるまでを辿り、旅と文学の関係をさぐる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2016.11.15読了)(2001.11.30購入)

    【目次】
    はしがき
    Ⅰ 描かれた旅
    幻の画巻
    旅路の画巻
    旅路の画巻を読む
    Ⅱ 旅を綴る
    芭蕉の「旅の賦」
    虚構と現実
    芭蕉の文章
    芭蕉の紀行文
    Ⅲ 芭蕉、旅へ
    ひとり旅
    歌枕行脚
    なつかしい人々
    旅へ
    おわりに

    (「BOOK」データベースより)amazon
    芭蕉が「奥の細道」の旅に出て、300年。遥かみちのくの漂泊の旅を綴るこの紀行文が、人々を魅了しつづける秘密はなにか。芭蕉が最晩年に描いた「旅路の画巻」には、農民や武士、市井の人々など、旅のさなかに見つけたさまざまの人生が登場する。画巻の解説を通じて、芭蕉の見た旅の現実が文学作品になるまでを辿り、旅と文学の関係をさぐる。

全1件中 1 - 1件を表示

上野洋三の作品

ツイートする