中世の奇蹟と幻想 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.36
  • (2)
  • (1)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004300984

作品紹介・あらすじ

キリストの涙にふれる時、病は癒え、死者は蘇る。中世はまさに奇蹟の続発する時代であった。奇蹟はなぜ起こるのか。中世史研究の第一人者である著者が、聖者伝、奇蹟録から興味深い説話や妖異譚をとり上げて語りつつ、各地に叢生した霊場とそこをめざす巡礼の急増に民衆の信仰の実態を見出し、ヨーロッパ民衆の心性史に新しい光をあてる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2章までは奇跡譚について
    3章以降は聖者と聖遺物崇敬およびその民衆の受容と教会側の諸対応について
    エミールマールの「12世紀フランスの芸術と宗教」が主要な引用元か
    語り口調かつ話が断続的?なのでやや読みにくい

  • [ 内容 ]
    キリストの涙にふれる時、病は癒え、死者は蘇る。
    中世はまさに奇蹟の続発する時代であった。
    奇蹟はなぜ起こるのか。
    中世史研究の第一人者である著者が、聖者伝、奇蹟録から興味深い説話や妖異譚をとり上げて語りつつ、各地に叢生した霊場とそこをめざす巡礼の急増に民衆の信仰の実態を見出し、ヨーロッパ民衆の心性史に新しい光をあてる。

    [ 目次 ]
    不思議な物語
    僧坊の夜語り
    世々の伝え
    さまざまの聖者たち
    生ける聖遺物

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2冊

全3件中 1 - 3件を表示

渡邊昌美の作品

ツイートする