子どもと自然 (岩波新書)

著者 : 河合雅雄
  • 岩波書店 (1990年3月20日発売)
3.41
  • (4)
  • (8)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301134

子どもと自然 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 01.20.2017 読了
    類人猿の研究からヒトの子育てへのアプローチ。

    絵本作家の中川李枝子さんが優れた書と推す一冊だったため読んでみた。
    海部さんの「日本人はどこからきたのか」を読んでいたため、原人とホモサピエンスの相違などの予備知識がありすんなり。人類の起源はホモサピエンスか類人猿かの点で500万年ほどの違いがある。

    ローレンツの刷り込みやハーロウの愛着など発達心理学の知識も登場し、懐かしく思えた。

    サルの子育て、父親の関わりから、人はいかにして育てていくべきなのかの指針を示している。いくら技術が発達しても、自然との関わりは切り離せないもの。

    最終章は筆者のライフスタイル論である。

  • 子どもの多い施設にいたので、読んでみた一冊。タイトルの「自然」は海山川の自然ではなく、自然な姿という意味だと思います。サルの子育てや子ザルの実験でわかってきたことと、人はどう子育てをしていくべきかを比べながら社会の問題を検討していくスタイルがとても納得感のある一冊でした。子どもが一番自然に小さい頃から必要なことを身につけられるまちって、どういうまちなんですかね。それが最も反映されたまちがあるなら、ぜひ行ってみたいです。

  • 自然人類学の観点からサルの生態についての研究成果を解説し、そこで得られた知見をもとに人間の文化的行動、とくに子どもたちの教育についての著者自身の考えが語られています。

    あくまでエッセイとして読むべきなのでしょうが、やはり自然科学的な観点からのサルの生態の記述と、文明批評的な言説との間にギャップを感じてしまいます。むろん著者は、単純に両者を混同して論じているわけではなく、たとえばサルの群れの中にインセストの回避という行動が見られることと、人間社会には「インセスト・タブー」が存在することを区別して、人間がみずからの文化的・社会的行動に規範性を付与していることに注意を払ってはいます。しかし著者がおこなっている議論をじっさいに見てみると、やや勇み足がすぎるのではないかと感じてしまうのも事実です。

  • サルとかの様子から、人の子育てや教育を考えてあった。
    チンパンジーとオランウータンの比較で、鍵つき檻にはいったバナナを取る時間はほぼ同じ。でもチンパンジーは大騒ぎしながら試行錯誤、オランウータンは、ちょっといじっては離れてぼーっとし(考えてる?)らしい。今の世の中、チンパンジー型の子が「活発」と評価されがちだが、オランウータン型の子だっているんだ、とのこと。
    あと、一問一答型の教育になってしまっているが、数学ですら、答えの出し方にいろいろあるんだから、間違いを恐れて、自分の意見を言えない子が多い教育って、つまらないなあ、と思った。幸島のサルだって、若くて、割と劣位のサルが新しい事を始めるんだそうだ。

  • (1990.04.02読了)(1990.03.26購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    子どもを取り巻く環境から、ますます自然が失われつつある現代、ヒトの子育てもさまざまの新しい問題に直面している。人類学の立場から、サルの社会とも比較しつつ、自力で生きる能力の衰退、家族の変容など現在の状況をふまえて、人間の発達にとって自然の果す役割と、これからの教育はどうあるべきかを考える。

  • [ 内容 ]
    子どもを取り巻く環境から、ますます自然が失われつつある現代、ヒトの子育てもさまざまの新しい問題に直面している。
    人類学の立場から、サルの社会とも比較しつつ、自力で生きる能力の衰退、家族の変容など現在の状況をふまえて、人間の発達にとって自然の果す役割と、これからの教育はどうあるべきかを考える。

    [ 目次 ]
    1 内なる自然
    2 発達と母子関係
    3 学ぶ・教える・育てる
    4 家族とは何か
    5 文化と自然

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 柴田愛子さんおすすめ
    現代の教育や子育てを原点に引き戻してくれる

  • 正直期待していた内容とはチガカッタ。

    子どもを対象とした実験や検証を行うのは無理なのかもしれないけど、
    チンパンジーのはなしメインで
    『子ども』と自然というタイトルはいかがなものか??
    …なんとなく深く読むことができなかった。

  • 非常に興味深い内容で、楽しめた。

全12件中 1 - 10件を表示

河合雅雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
マーク・ピーター...
フランツ・カフカ
ミヒャエル・エン...
村上 春樹
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印

子どもと自然 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする