日本オペラの夢 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301189

作品紹介・あらすじ

指揮者のタクトで緞帳があがると、そこは華やかなオペラの世界。観客の心を酔わす音楽、魅惑的なアリアのかげには、しかし作曲家や歌手のさまざまな苦心や葛藤が潜んでいる。「セロ弾きのゴーシュ」など日本語によるオペラの実現に情熱を燃やす著者が、自分史をたどりつつオペラ世界の魅力を存分に説き明かし、真の日本オペラへの夢を語る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今は亡き作曲家、林光先生のエッセイ風(自叙伝風)オペラ論。「日本語オペラ」の創作に挑戦し続けた、林先生の闘いの記録。


    日本のオペラ界が、未だに「欧米コンプレックス」に囚われる、古臭いギョーカイであることを告発している点がもっとも刺激的。日本人オペラ歌手のドイツ語が、ドイツ人のドイツ語よりもドイツらしいことの異様さ、不自然さに気付いていた人が、当時どれほどいただろう。

    本書を読むと、「日本のオペラ界 orz」と感じられてくる。例えばポピュラー音楽ならJ-popなんかが出て来てるんだから、オペラ界にだってJ-operaがあってもいいじゃないか!という発想だ。

    ・・・ところが、新国立劇場では日本語創作オペラの新作を、毎シーズン必ず披露していたりする。林先生が本書を著した1990年と比べて、少しずつだけども日本のオペラ界が「欧米コンプレックス」から抜けつつあるとも言えるのかもしれない。

    まあ、必ずしも「J-なんたら」てのが良いとも言えない。日本人の音楽受容の傾向として、「新しい潮流に乗ると、それまでの潮流を全部過去のものとして捨ててしまう」という傾向があるからだ。

    本書はオペラだけでなく、日本人の音楽受容全般についても示唆を与えてくれる。

  • [ 内容 ]
    指揮者のタクトで緞帳があがると、そこは華やかなオペラの世界。
    観客の心を酔わす音楽、魅惑的なアリアのかげには、しかし作曲家や歌手のさまざまな苦心や葛藤が潜んでいる。
    「セロ弾きのゴーシュ」など日本語によるオペラの実現に情熱を燃やす著者が、自分史をたどりつつオペラ世界の魅力を存分に説き明かし、真の日本オペラへの夢を語る。

    [ 目次 ]
    1 オペラとであう
    2 オペラをふりかえる
    3 オペラをつくる

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 2

全3件中 1 - 3件を表示

林光の作品

ツイートする