ベルリンの壁崩れる―移りゆくヨーロッパ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.09
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301240

作品紹介・あらすじ

東ドイツ市民の国外大量流出、「壁」のあっけない崩壊、そして初の自由選挙から東西ドイツの統一へ-1989年夏以降の目まぐるしい展開の陰に何があるか。ゴルバチョフ、ブッシュ、さらにモドロウ、コールらの政略は?ナチス時代から今日までヨーロッパの激動を現地に追ってきた著者が、眼前のドラマの表と裏をつぶさに報告する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • (1990.07.03読了)(1990.06.23購入)
    移りゆくヨーロッパ
    (「BOOK」データベースより)amazon
    東ドイツ市民の国外大量流出、「壁」のあっけない崩壊、そして初の自由選挙から東西ドイツの統一へ―1989年夏以降の目まぐるしい展開の陰に何があるか。ゴルバチョフ、ブッシュ、さらにモドロウ、コールらの政略は?ナチス時代から今日までヨーロッパの激動を現地に追ってきた著者が、眼前のドラマの表と裏をつぶさに報告する。

    ☆関連図書(既読)
    「第二次世界大戦前夜」笹本駿二著、岩波新書、1969.08.20
    「第二次世界大戦下のヨーロッパ」笹本駿二著、岩波新書、1970.03.20

  • 1989年11月9日、ベルリンの壁崩壊。ソ連の経済行き詰まりと民主化の流れが東欧諸国に伝播していくなかで、ハンガリーがオーストリアとの国境を東ドイツ市民に開放した。東ドイツから西ドイツへの大規模な市民脱出が相次ぎベルリン開放から東西ドイツの統合へといっきに進む。肩を落としたホーネッカー東ドイツ首相と自信に満ち溢れたコール東ドイツ首相。二人の対極的な姿を映し出したテレビ映像を思い起こした。

  • 4004301246 211p 1990・5・21 1刷

全4件中 1 - 4件を表示

笹本駿二の作品

ツイートする