日本列島の誕生 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.43
  • (3)
  • (5)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 102
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301486

作品紹介・あらすじ

日本列島誕生のシナリオは、まったく新しいものに書き換えられた。それは、深海での化石の研究とプレートテクトニクスに基づくダイナミックな地球観から生み出された。日本列島形成の謎に挑戦し、それを次々と解きあかしてきた著者らの研究の歩みをたどりながら,劇的で知的興奮をさそう日本列島誕生の物語に読者を案内する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=71645

  • 1990年刊。著者は東京大学海洋研究所教授。◆日本列島の物理的形成過程を地質調査とプレート変動等の地質学的見地から解明しようとする書。個人的に難易度高いが、その理由は①地質年代の理解不足、②各地質年代の大陸模様の理解不足(超大陸パンゲアくらい)、③現在の各海嶺、海溝等地名の理解不足、④地層変動の基礎概念の理解不足等に基づくだろう。地球全体の大陸変動(平面図では歪みが出る)、それが現代の地域とどう結びつくのかも表しにくいかもしれない。ただ、北米、ユーラシア、フィリピン海、太平洋各プレートの集合する日本近域。
    ユーラシア大陸の東端でインドが大陸を押している(ヒマラヤ山脈形成)こと等が影響している点、といった複雑な動きをする只中に日本が存在することはよく理解できた。

  • 現在の日本列島を特徴づける山地を始め,我々が今日立っている地面の基盤となっている岩体が,どのようにして形成されてきたかを,プレートテクトニクスにより説明した本.筆者が沈み込み帯や付加体といったテーマを専門に研究していることもあって,全体の構成もそうした部分が中心になっており,日本列島を形作ったテクトニクスそのものがどういう原理であったかという部分は深く扱わない.
    高校~大学初頭レベルで習うような地学の専門用語は説明無しで使われていることも多く,一般向けというにはやや難しい本.一方地図や露頭の解説図などが豊富で,説明も丁寧なので,地学の前提知識のある人にとっては,日本列島の成り立ちを包括的に理解する一助になる.時々地図に記載のない地名が出てきたり,口絵の衛星写真では判別できないような特徴について言及していたりすることがあるので,インターネットの地図サービスを併用すると良い.
    内容は1990年当時ということもあって,やや古いところもあるものの,大まかな流れをつかむには十分と思われる.

  • 日本列島が激しい地殻変動の結果、今の形になったことを改めて認識した。

  • 日本列島の形成過程をデータを元に仮説検証しています。数々の試行錯誤の結果であると思いますが、ロジカルに形成過程が説明されており、現時点では(とは言え上梓されたのは20年前)もっとも信頼がおけると思います。

    本書を読んで驚いたのが、プレートテクトニクスを始めとする地球物理学が比較的新しい学問なのではないかということでした。
    宇宙の観察と比較して深海調査が困難なのか、地域色が強い学問であるため世界的な知恵が集中しにくいのか...

    本書の中では、日本海が開いて行く過程が面白くワクワクしながら読む事ができました。日本列島形成の歴史を知ると、日本列島の形状そのものが愛くるしく感じますし、山脈の皺が寄っている方向にさえ楽しみを見出す事ができます。さらに、東名高速道路を厚木から富士川あたりまで運転するときに見える景色が今までとはまったく違って見えそうです。
    時間軸を巻き戻し、古の海溝を走っていることを想像しながら、海底2万マイルの世界に入り込めるかも。くれぐれも事故に注意しなければ。

  • 正直言って、少し難しかった。地質やテクトニクスなど、いわゆる地学の分野の知識が十分でないためと思われるが、何しろ、日本列島の現在の形が骨の髄まで染み込んでいるので、シルル期だのデボン期だのといった大昔の状態はイメージすら難しい。
    それでも、プレートの沈み込みによって付加帯が形成されていくこととか、そこに働く力によって様々な断層ができることなど、東日本大震災以降よく説明されるメカニズムが少しよく分かった。
    元々は、八ヶ岳や南アルプスの山並みを見て、また、その近くのフォッサマグナに想いを馳せ、これらの山ができた原因を知りたいと思ったのが本書を読むきっかけであり、その目的はある程度達したが、もっと大きなことを知った。特に、中央構造線の北と南で形成プロセスが全く異なっていて、そもそもの場所も全然別であったというのは知らなかった。
    誰にでも薦められる本ではないが、もう少しこの分野に詳しくなってから再読したい。

  • これを読んで、付加体に興味を持ち、卒論も付加体関連のテーマになりました☆

  • 私たちにとって日本列島の誕生はとても凄いことである。日本列島がなかったら、もしかしたら日本人はこの世にいなかったと思う。そんな日本列島はどうやって誕生したのか。なぜ、日本は列島になったのか。そんな疑問を持っている人は居ると思います。この本は、日本列島の誕生がわかる本です。この本を読んだら日本列島の誕生のことがよくわかりました。みなさんもこの本を読んで自分たちの国、日本列島の誕生を是非知って下さい。

  • この本は、付加体地質学や日本列島形成史などの基礎的なことを学ぶのには、非常に良い入門書だと思います。

全11件中 1 - 10件を表示

平朝彦の作品

日本列島の誕生 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする