イスラームの日常世界 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.68
  • (23)
  • (42)
  • (55)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :336
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301547

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本人にとって、イスラームというと礼拝、断食やブルカといった千年一日の変わらない習慣と男女差別いったイメージに加え、昨今はテロも交えた文脈で語られがち。しかし、そんな頑なな宗教が世界人口の1/4近く、15億人から信仰されるものなのか?という疑問から読んでみた。いろんなことが分かった。

    厳しいといわれがちな戒律は「生弱説」を下敷きにしていて、厳格に行うべき事柄は契約で、それ以外は「イン・シャー・アッラー(神の意あらば)」という言葉で「やれたらやりますね、行けたら行きますね、未来のことですからまあ当てにしないでください」程度にゆるく捉えるという使い分けをしているものだったり、
    女性たちはベールを被ることで外見の良し悪しを男性たちに言われることがなくなるためむしろ己の実力で勝負できると考えており、女性社長や政治家は珍しくなく、事実ムハンマドの最初の妻は15歳年上の女性実業家であったり、
    一夫多妻はムハンマドの時代に戦争で男不足に陥った社会を立て直すための特例処置に過ぎず、しかも家は女性の持ち物で男性はいわゆる通い婚をしていたり、
    親であろうが社長であろうが王であろうが神以外は全てが平等という思想から、神以外のものに頭を下げることを拒んだり、
    一日5回の礼拝も1か月の断食も全ての人が平等に行うので裕福な人が貧しい人の気持ちを身を以て知る機会になっていたり、
    それ故に裕福な人は施しをするのが当然と思っており、貧しい人は施しを受けることが当然と思っていたり。

    この本で語られているのは比較的富裕層と言える人たちの身の回りであるため、貧困層に焦点を当てれば暗い話だって当然出てくるだろう。しかし、これらのような寛容で知性のある人々がいることもまた事実。初版が湾岸戦争の直前の1991年で、日本人女性によって書かれているということも特筆すべき。イスラームに対する新たな視点を持とうとしているなら、良い導入書の一つと言える。

  • イスラームの内側からその世界を要領よくまとめた良書。
    その生活感情の魅力がなければ、人が引きつけられて三大宗教となるわけがない。
    ちなみに、マホメットの子孫のみを認めるシーア派(イラン等)と教団の継承を認めるスンニ派に分かれる。

    「人間は強いか弱いか」
    人間を弱いものと考え、戒律によって不測の事態を最大限に防ごうとする発想。
    飲酒によるトラブル、豚肉による感染等→形骸化してもそれを忠実に守っている。
    飲酒運転を取り締まるのでなく、飲酒自体を禁止する。
    1.ファルド・ワージプ:ムスリムの義務
    2.マンドュープ(ムスタハップ):した方がいいこと
    3.ハラール(ムバーフ):どちらでもいいこと
    4.マクルーフ:しない方がいいこと
    5.ハラーム:禁止
    弱い者は助けなければならず、弱い者は助けられて当然と思っている。
    一方、人間は弱いので契約をする。→結婚するときに結納金や離婚の条件を決める。
    反対に契約しないことはいい加減になりがち。

    「祈りと仕事のいい関係」
    1日5回の礼拝は、個人と神との交流。まわりに合わせる必要はない。
    いわゆる事前の神頼み(ドュアー)もあるが、サラートは純粋な神への感謝。
    サラートにより忘我状態「無」になり、至福の時を得る。
    夜明け前、正午過ぎ、午後、日没後、夜の5回。
    疲れたからお祈りでもしようか→体操代わり、気分転換でもある。
    清潔な流水で顔、手足を洗浄する必要があり、衛生対策でもある。
    ただし、何かのために祈っている訳ではなく、礼拝はムスリムの根幹となる義務。
    神以外には、王様でも頭を下げない。神の前には皆平等がイスラムの根本思想。
    マホメットもキリストのようにあがめてはいけない。国の権力、国自体も意味をなさない。
    細かい内容の正誤よりも、1000年以上変わらないこと自体に意味があるのかもしれない。ある意味、何も考えなくても、誰でも純粋に問題なく生きることのできる方法、であるかもしれない。

    「ベールの下の女の世界」
    都市で産まれた宗教→多様性をそのまま認める。弱者は当然に救済される。
    ベールで覆うのは間違いを起こさないため。
    多様性対策として、融合を試みるのではなく、別々の世界を作りながら調和を目指す。
    女性は「男性の目」を気にしない方が自由に行動できる→仕事もしやすいという論理。
    家は女性のものだが、扶養は男性の義務。一夫多妻制度は、一夫一妻制度の陰で保護されない女性が
    出るよりいいではないか、という意見、未亡人を引き取るために必要な制度という意見あり。
    最近は、若い人の方がイスラム帰りしている。(服装、習慣ともに)親の方が西洋服。

    「断食月は楽しい」
    新月から新月までの1月がラマダーン(断食月)。日の出から日没まで水を含めて食べてはいけない。
    モハメッドが聖遷(メッカ→メディナ)してから、太陰暦(354日)で毎年。→10日づつずれる。
    ユダヤ教、キリスト教、仏教でも断食はすべきもの→形骸化、イスラムでは逆に増えている。
    イスラム教は形から入るために、生き残ったのかもしれない。→観念は屁理屈をつけて変容する
    夜はお祭り騒ぎ→断食月には特別の食べ物、深夜までネオン、交流の場(面識ないところにも訪問)
    みんなが苦しい思い→みんながやさしい気持ちになるとき。
    食物を与えてくれる神への感謝、食べれない人への思いやり。

    「メッカへ、メッカへ」
    イスラムの義務(イバーダート)
    信仰告白(シャハーダ)・礼拝(サラート)・喜捨(ザカート)・断食(サウム)・巡礼(ハッジ)
    巡礼はできれば、でいい。カアバ聖殿のまわりを7周、二つの丘を7回(3往復半)→同じ格好(イフラーム)のドラマ
    巡礼月→完走・お祝い

    「なるべく動きたまえ」
    滞ることは良くない。→銀行は利子を取らない。けちは最も嫌われる。
    同じ所ばかりでなく、いろんなところで、いろんな人と礼拝するのがよい。
    都市の宗教。砂漠のホスピタリティ→最後の水を客人に。
    人間関係は固定していない。社会的な関係と経済的な関係も別。
    本来、区別した共存がイスラム社会の真骨頂。→区別が差別になって(民族主義的)活力失うケースもある。

    「何が一番大切か」
    ぼんやりする、瞑想する(ラーハ)→価値が高い→知ること(イルム)、旅行すること、家族と過ごすこと
    仕事→ネガティブイメージ(アダムとイブの神話から)
    遊び→子供のイメージ
    日本人はエコノミックアニマル→仕事と遊びのみ
    仕事とラーハを一体化したがる。

    近年、イスラムの復権が叫ばれ、機運も高まっている。共産主義の失墜により平等重視の勢力を多く巻き込んでいるふしがある。アラブのみならず、アジア(イスラム人口はアジアが一番多い)、インド、アフリカにもイスラム教徒は多い。
    15億人というから、世界の人口の4分の1にあたる。
    彼らは国を重視せず、イスラームとして一体化している。「神の前にはみな平等」の思想が根幹にあるためである。
    イスラム過激主義の行動原理はわからないが、イスラム教が弱者にやさしく、どのような魅力で人を引きつける宗教であるかは垣間見えた気がした。

  • 男女観が想像と違っていた。

  • 【215冊目】1990年初頭に第1版が発刊されてから、2010年代になっても版を重ね続けていることから名著と判断。基金のあるような名のある文化人類学者による本だと知るのは購入後のこと。
    ◯ 池内恵先生が、イスラームを西欧や近代以降と対峙するイデオロギーとして理解、あるいは利用するため、必要以上に美化している連中がいるとおっしゃっていた。そういう論者に出会ったことがなかったのでいまいちピンとこなかったのだが、この本を読んで「なるほど」と思った。資本主義でも社会主義でもない、第三の軸としてのイスラームの解説という面が目立った。
    ◯ それなのに、エコ・フレンドリーであるとか、女性の活躍だとか、特に昨今の日本を始めとする欧米諸国の価値観がイスラーム社会では生きているというような論調が垣間見え、結局評価基準は西欧的価値観に拠って立ってしまうのね、とも思ってしまった。
    ◯ スンニ派とシーア派という重要な区別を、意図的に無視しているように思える。例えば、サラートとドゥアーの違いを説明する一節。
    ◯ とまぁ、イスラム原理主義の時代を経て、日本でもイスラーム社会の研究が進んだ現在からは本書を様々批判することが可能ではあるものの、イスラーム社会に生きる人々の(ある種理想形の)価値観を提示することに成功している本書は、イスラームと向き合うためには一読しておきたい名著だとは思う。
    ◯ あと、イスラーム社会は三層構造から成るという指摘はハッとさせられる。表層(第一層)の西欧近代社会の価値観。基底(第三層)には現地の土着社会。その間(第二層)にイスラーム文化が広がっている、と。

  • 筆者が留学やフィールドワークで見聞きした等身大のムスリムを書いていて、とても興味深い。西欧社会(人間性強説)や日本社会(人間性善説)とイスラム社会(人間性弱説)の基本的な考え方の違いを比較説明している部分も分かり易いし、クルアーンのどういう言葉がムスリムの日常生活にどのように表れているか、といった解説もとても面白かった。
    ムスリムの基本的な考え方や生活(最大公約数的なものではあるが)を理解するのに非常に良い本だと思う。

  • 1991年刊。著者は中央大学教授。◆些かイスラム贔屓が過ぎる気がしないではないが、日常生活、社会生活、政治等全般に影響するイスラムの特徴を検討するのは新書としては高評価だろう。◇人間性弱説(欲望や誘惑に人間は弱い)。礼拝重視のため意外と清潔保持の文化あり。貧者・弱者・無業者にも暖かな目線(喜捨。なお富者から施しは義務的で、受取側が畏まらない)。現生利益をアッラーに求める祈りはサラー(礼拝)と別途に存在。意外と楽しいラマダン。厳格な男女の別は、逆に女子高大と同様のノリを生む。出席者女子限定の結婚披露宴。
    これには去勢者だけは男性でも参加可。等といった思わぬ素顔が垣間見える。◆ところで、清水芳見氏著の「アラブ・ムスリムの日常生活―ヨルダン村落滞在記 (講談社現代新書)」よりは、内容から導き出される帰結を一般化しようとしている気がする。もっとも、どちらにも一長があることは間違いないし、余りそういうことに頓着しないでも楽しめる書なのは間違いない。

  • ムスリム社会の人間観(人と神は区別。人は弱いもの)と 近代西欧社会、日本社会の人間観との比較は 興味深い。近代西欧社会の人間観(人は強いもの)、日本社会の人間観(人と神は区別しない。性善説にたつ)

    この本を読む前と 後では ムスリム社会の人に対する印象が 全く異なる。ムスリム社会の人にとって、西欧社会より 日本社会の方が 生活しやすい気がする。時間をかけて、日本人の ムスリム社会の人に対する誤解、先入観を 取り払う策は必要だが。


    男女隔離、男女平等(女性優遇)の社会とは知らなかった。「男女隔離社会だからこそ、女性の実力が発揮され、社会進出が促される」とは なるほどである。女性専用の銀行、女性専用の公園があるらしい

  • 2016.10.20 読了

  • ムスリムのダンナを持つ日本人主婦が、イスラームの日常生活で体験したことを面白おかしく書いているのだろうくらいの気持ちで手に取った。

    おっとドッコイ、下手なイスラム教解説書より余程中身が濃くて驚かされる。

    それもそのはず、著者は文化人類学の大御所で、社会地理学と民俗学の権威であった。

    彼女が留学で、あるいはフィールドワークで体験したことを書いているのだが、取り上げたトピックのそれぞれがイスラム教の本質と深いつながりを持っていて感心させられる。

    ぼくが常々イスラム教に対して持っていた疑問点の多くが、この本によって解決された。

    もう四半世紀も前に書かれた本であるけれど、現在のイスラム社会を理解するのになんら遜色はない。

    薄い新書だと思って侮ってはいけない。

    イスラムに興味を持つ人必読の書である。

  • 今となっては報道されないイスラム世界について書かれている。イスラムについてこわいとか物騒としか認識がない方に是非お勧めします。

全45件中 1 - 10件を表示

片倉もとこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

イスラームの日常世界 (岩波新書)に関連する談話室の質問

イスラームの日常世界 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする