冷戦後―同時代の現場で考える (岩波新書)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 船橋洋一
  • 岩波書店 (1991年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301707

作品紹介

'89年末のマルタ会談で米ソ冷戦の終焉がうたわれ、東欧革命の急展開とともにドイツ統一が実現。だが他方、ソ連のペレストロイカは混迷を深め、湾岸戦争は力の政策を棄てぬアメリカ外交を印象づけた。21世紀に向かう世界は今、どのような秩序を模索しつつあるのか。地球規模の激動を精力的に取材・報告しながら、そのゆくえを展望する。

冷戦後―同時代の現場で考える (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1991年刊行。ベルリンの壁崩壊から湾岸戦争終結までの国際情勢を素描。混沌とした時代相を活写する。

  • 2冊

全1件中 1 - 1件を表示

船橋洋一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

冷戦後―同時代の現場で考える (岩波新書)はこんな本です

冷戦後―同時代の現場で考える (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする