日本の舞踊 (岩波新書)

著者 : 渡辺保
  • 岩波書店 (1991年6月20日発売)
3.86
  • (2)
  • (8)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301752

作品紹介・あらすじ

複雑な約束事やしきたりによって難解と思われがちな日本舞踊。しかし名人たちの踊りには、名人ゆえに聞こえてくる身体の声がある。踊りの中からその声が聞こえてきたとき、舞踊は見る人の心を捉えて離さぬものになる。その声を聞くことこそ、舞踊の魅力である。鑑賞のための基礎知識から名人たちの究極の奥義まで、舞踊の世界が展開する。

日本の舞踊 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 書名「日本の舞踊」というより、著者自身が日本の舞踊を鑑賞して感じる「身体の声」について説明した本。

    冒頭の言葉によれば、日常、踊りを語る共通の言葉がないということから、自らが感じた踊りの魅力、鑑賞法をつづったものらしい。

    新書ということも考慮してか、前半は日本の舞踊に関しての基礎を説明してくれ、後半は本題として、七名の舞踊家についての著者の観方が述べられている。


    渡辺保は幼少の頃から日本の舞踊を数多く鑑賞してきた経験があるようで、舞踊に関して知識よりも自分の観方を育んできた人なのだろう。

    著者の踊りについての描写ひとつひとつが日本の舞踊の魅力を示していると読める。


    著者が観る舞踊は、その場を感じ(肚)、その人を感じる(心)ことを好いとしている、と思われるけれども、もちろん舞踊の見方はこれだけではないだろう。

    例えば武原はんに関して、著者には形を再現しているだけとあまり感心がないようだが、理想の人間の形そのものとして存在しようとする視点は、自分には未知だけれども魅力を感じる。

    もうひとつ、肚=曲の中の人物の気持ち、心=踊り手自身の気持ち、と考えると、これは音楽でも絵でも映画でもマンガでもあてはまることと思う。それらに当てはまらない舞踊の神性、宗教性に関しての何かがあるのではないか。

    そういうところもう少し知りたかった。


    とにかくも渡辺保は日本の舞踊をこう観ているということ。とても有り難い本でした。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784004301752

  • 面白かった。
    けど難しい。

全3件中 1 - 3件を表示

渡辺保の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
シーナ・アイエン...
リチャード・ドー...
レーモン クノー
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の舞踊 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする