アメリカのジャーナリズム (岩波新書)

著者 : 藤田博司
  • 岩波書店 (1991年8月21日発売)
3.07
  • (0)
  • (3)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
  • 40人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301837

作品紹介

湾岸戦争の際の徹底した報道管制、広告コンサルタントの手によって演出される大統領選挙、テレビに引きずられる大衆紙…。かつて国防総省ベトナム秘密文書事件やウォーターゲーム事件でみせたアメリカのジャーナリズムの精神はどこへ行ったのだろうか。ニューヨークとワシントンに12年間滞在したジャーナリストによる興味深い報告。

アメリカのジャーナリズム (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 博多駅前のブックオフで購入し、新幹線で読む。再読です。大抵の本は10年前に読んだ本は、中身を殆ど覚えていません。それに対して、この本は、ある程度覚えています。著者は、元共同通信ワシントン支局長です。まず、アメリカでは、地方新聞が大きな力を持っています。全国紙と言えるのは、ウオルストリートジャーナル、USA Todayぐらいです。ニューヨークタイムス。ワシントンポスト、そして、ロスアンジェルタイムスが、準全国紙でしょうか。ほとんどの地方新聞は、地元の取材に精一杯であり、全国ニュースに人員を割く余裕はありません。そのため、アメリカでは、通信社が、大きな力を持つことになります。ホワイトハウス等の役所を除けば、通信社しか担当する記者がいないのですから、記者クラブは必要ありません。日本のように、全国紙が、読売、朝日、毎日、産経、そして、日経と5紙もあるのですから、記者クラブが必要になります。

全1件中 1 - 1件を表示

藤田博司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マックス ヴェー...
ヘミングウェイ
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカのジャーナリズム (岩波新書)はこんな本です

ツイートする