腸は考える (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.40
  • (6)
  • (7)
  • (24)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :110
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004301912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ガストリンが胃液を出させる。
    アルカリ性とアルコールに反応する。
    最初に酒やスープを飲む理由。ビールだとたくさん飲めるが水は飲めない理由。
    酸性でガストリンが出なくなる=胃酸で減少する。
    ゲップが最初は出ない理由。

    モチリンが空腹時に胃を動かし、おなかが鳴る。

    酒は消化を進め胃を厚くする。
    枝豆で糖尿病を軽くできる。

  • 腸・ホルモン・神経系について門外漢にも分かりやすく書いているが、なにより著者の豪放磊落な文章が良い。オレガオレガという自己主張もとても楽しい。
    科学者たちの人間味あふれる一面が垣間見れる。

  • 1991年刊。著者は新潟大学医学部教授。

     腸は第2の脳と看做されるようになってそれなりに経つが、より正確に言うと腸で受け取った情報がホルモン・システムを通して、ヒトの生体機構にダイレクトに結びつく。
     その内分泌情報伝達は所謂神経系による情報伝達とは独立したものということのようだ。

     本書はその内分泌情報伝達機構の解明(とりわけ神経系からの独立性)の研究に真摯に取り組んだ著者らの苦闘と想いの詰まった書である。

     内容で言えば、コレラ菌(コレラトキシン)が下痢を起こす成因論の追求が興味深い(ただし本書では未解明)。あるいは具体的な説明は省かれており、未だ争いがあるが、食事に伴い血液中に増大するホルモンCCKが脳に作用し眠気を催す機序もなかなか面白い目線であった。

     一方、研究者魂というものも描かれるが、中でも内分泌系の研究において、戦前の業績だけが外国人にのみ知られ、国内では忘れられた存在。その小坂隆雄教授を表舞台(国際学会)に招聘し、万来(特に外国人研究者)の拍手喝采の元において、その業績をたたえる役割を担った点が感動的だ。

  • 著者の「シンポジウム」の豪快さが
    想像できて、楽しい。
    (2015年10月03日)

  • 研究対象としては地味(と著者が言っている)な臓器である腸の腸能力の話。脳や神経系から自律して食物や有害物質に反応し、いろいろ分泌する腸や胃や脾臓のカラクリを解き明かしてきた研究成果の総括的エッセイ。本来の成果紹介のみならず、古き良き時勢の研究室の思い出話への寄り道が多くて、やや辟易するが、これは確信犯だと、あとがきで著者が吐露しているので仕方がない。さて、この腸能力の仕掛けは、脊椎動物のみならず昆虫の消化器官も同じとの事。しからば、我等脊椎動物と節足動物の共通祖先のヒドラ君も同じかと調べるとやはりそうだったようで、即ち、我々はお腹の中にヒドラを飼っているのだ。

  • 藤田先生の20年の研究成果をまとめた本。

    ですが、研究に伴うさまざなエピソードにほっこりするので結構楽に読めます。
    腸ってすごい!人体を始めとする生命体ってすばらしい!

  • ちょっと古めの本だけど,腸が考えていることが良く分かった。

    2012/12/08娘の書棚にあったのを発見。2012/12/12 朝の通勤電車から読み始め;休み休み読んで2013/01/05に読了

  • パラ読み。
    腸は頭いい。

  • [ 内容 ]
    人間のからだの中でも軽く見られがちな胃や腸。
    しかし、これらの器官は、食物の成分をすばやく認識したり、毒素の排出を指令するなど、脳と同じ原理で絶妙な働きをしている。
    消化管ホルモンの研究で大きな成果をあげてきた著者が、酒が胃を強くする話など意外なエピソードをまじえながら、知られざる腸の働きとその素晴らしさを語る。

    [ 目次 ]
    1 腸は小さな脳である
    2 神経かホルモンか-消化管ホルモン研究の盛衰
    3 センサー細胞の発見
    4 ホルモンに魅せられた人々
    5 下痢の元をたずねて
    6 瀬木の帽子
    7 臓器を大きくする消化管ホルモン
    8 ひろがる細胞の輪-パラニューロン
    9 腸のセンサー細胞のルーツを求めて

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 予想以上に面白かった。腸の仕組みも興味深かったけど、それ以上に研究者たちの話が面白い。
    どんな反証が出ようが絶対に自説を捨てない海外の研究者や、30年以上見向きもされず忘れ去られていた日本の研究者の話、
    いつまでも全くお金にならない道楽のような研究を続けていていいのかと迷いつつ研究資料の鯨の胃を運んでいる時に、ゴルフバッグをかついだ開業医の友人に会い、「どうせ大きな荷物を背負うなら、ゴルフバックより鯨の胃の方がいい」と研究を続ける決意をした話(普通は逆!)など。「ゴキブリの女王」の話も強烈。ゴキブリの腸を観察って。。。想像しただけで気持ち悪い。。。

    面白いし読みやすいけど、愛犬家や動物大好きな人は読まない方がいいかも。仕方がないんだろうけど、頻繁に動物実験の話が出てくる。
    出だしでいきなり犬のお腹をメスで開いて腸を取り出し、、、という話が出たときにはちょっとギョッとした。

全13件中 1 - 10件を表示

藤田恒夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

腸は考える (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする