戦争と美術 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.00
  • (0)
  • (2)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302377

作品紹介・あらすじ

第二次大戦中、戦争画を描いた多くの有名画家たちがいた。また時局にささやかな抵抗を試み、描くことを拒否した画家たちもいた。著者は、彼らの根底に潜む人間の弱さを凝視しつつ、自らが画家であることを深く意識しながら、当時の画家の戦争責任を考える。藤田嗣治と松本竣介の2人を焦点にすえ、時代と向き合う芸術家の生き方を鋭く問う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2000.11.09読了)(2000.08.11購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    第二次大戦中、戦争画を描いた多くの有名画家たちがいた。また時局にささやかな抵抗を試み、描くことを拒否した画家たちもいた。著者は、彼らの根底に潜む人間の弱さを凝視しつつ、自らが画家であることを深く意識しながら、当時の画家の戦争責任を考える。藤田嗣治と松本竣介の2人を焦点にすえ、時代と向き合う芸術家の生き方を鋭く問う。

  • [ 内容 ]
    第二次大戦中、戦争画を描いた多くの有名画家たちがいた。
    また時局にささやかな抵抗を試み、描くことを拒否した画家たちもいた。
    著者は、彼らの根底に潜む人間の弱さを凝視しつつ、自らが画家であることを深く意識しながら、当時の画家の戦争責任を考える。
    藤田嗣治と松本竣介の2人を焦点にすえ、時代と向き合う芸術家の生き方を鋭く問う。

    [ 目次 ]
    無辜の罪
    表現と苦悩
    芸術の罠
    僕にとっての戦争画とは
    生きている画家
    芸術の魔力
    美化された死
    新人画会
    画家の良心
    抵抗の画家批判

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

画家・作家。1936年、群馬県前橋市生まれ。1988年「バー螺旋のホステス笑子の周辺」で芥川賞候補、93年「犬」で川端康成文学賞、2007年『ブロンズの地中海』(集英社)で毎日出版芸術賞、11年『本の魔法』(白水社)で大佛次郎賞受賞。著書はほかに『紅水仙』(講談社)、『戦争と美術』(岩波新書)、『影について』(講談社文芸文庫)、『戦争と美術と人間』(白水社)、『孫文の机』(白水社)、『絵本の魔法』(白水社)、『幽霊さん』(ぷねうま舎)、『雁の童子』(作・宮澤賢治、絵・司修、偕成社)、『絵本 銀河鉄道の夜』(作・宮澤賢治、絵・司修、偕成社)など多数。1986年、池田二十世紀美術館で「司修の世界展」、2011年、群馬県立美術館で「司修のえものがたり―絵本原画の世界―展」を開催。

司修の作品

ツイートする