現代を読む: 100冊のノンフィクション (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.18
  • (2)
  • (4)
  • (20)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 91
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302438

作品紹介・あらすじ

洪水のように新刊書があふれ、何を読めばよいのか迷う毎日。そんななかから、当代きっての読み手である佐高信氏が、現代の古典ともいうべき100冊のノンフィクションを精選して紹介する。企業社会、臓器移植、暴力団、差別、アジア、戦争、教育…。読書を通じて広がる世界を体験する歓び。あなたはこのうち何冊読みますか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 佐藤優との対談本を読んで、改めて本作の著者であったことに思い至り、ずっと前から所有はしていたけど、改めて読むことにした次第。もう30年近く前の作品だし、何となく古臭い感じばかりが気になって、食わず嫌いの巻でした。実際に、これから読むにはちょっと…と思われる作品が無きにしもあらずだったけど、実際には時の流れで色褪せないような普遍的な作品が多そうで、読んでみたいと思った作品も少なからず。ひとつの作品につき、ページ見開きで纏めるという形式ですが、それだけで読んだ気になってしまうくらい、程よく纏められていて、そういう意味では、ちょっと罪作りな本とも思っちゃいました。今後の読書生活で、ブックガイドとしてまた手に取ることもしばしばありそうです。

  • 単純に本のキャパシティ増加目的の本です。
    基本的に紹介はシンプルですので
    中身を詳しく知ることはできないです。
    あしからず。

    ですが、ノンフィクションというジャンルは
    本当に面白いとは思いました。

    感想以上。
    (あくまでも本の紹介本ですからね)

  • [ 内容 ]
    洪水のように新刊書があふれ、何を読めばよいのか迷う毎日。
    そんななかから、当代きっての読み手である佐高信氏が、現代の古典ともいうべき100冊のノンフィクションを精選して紹介する。
    企業社会、臓器移植、暴力団、差別、アジア、戦争、教育…。
    読書を通じて広がる世界を体験する歓び。
    あなたはこのうち何冊読みますか?

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 辛口評論家とか自認している人には多分ロクな人はいなくて、そもそも評論家って自称している中に何人まともな人がいるかも知れない。けど、どんな人の書いたものでも、情報として役に立てば問題はない。ただ、この人の直喩には気持ち悪いものがあった。この本にはノンフィクションが100冊も載っている。「現代を読む」のタイトルどおり、ほとんどが社会問題に対するもので、こんなもの全部読んでいたら、僕は矛盾に押しつぶされてどうにかなってしまうかもしれない。これを読んで、「やっぱり、自分の好きなように生きよう」と思ったのでした。ノンフィクション作家として有名な人もいるけど、その他のほとんどの人は無名な人。ノンフィクションっていうのはそういうところが面白いです。

  • 佐高信氏が現代の古典ともいうべき100冊のノンフィクションを精選して紹介。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

佐高 信:1945年山形県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。評論家。高校教師、経済誌編集長を経て執筆活動に入る。著書に『総理大臣菅義偉の大罪』『田中角栄伝説』『石原莞爾 その虚飾』『池田大作と宮本顕治』、共著に『安倍「壊憲」を撃つ』『自民党という病』など多数。


「2022年 『日本の闇と怪物たち 黒幕、政商、フィクサー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐高信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
レイチェル カー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×