子どもとあそび―環境建築家の眼 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.46
  • (4)
  • (4)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【目次】
    まえがき [i-iv]
    目次 [v-viii]

    I あそびの原風景 001
    1 子どもの場所 002
    広っぱ、原っぱ/子どもだけの場所/アナーキースペース/砂場/小川/森と田んぼ/神社/路地/六つの原空間
    2 あそびの風景 021
    虫あそび/草花あそび/鬼ごっこ/模型/人形あそび/すべり台/ケンカ/テレビゲーム/スポーツクラブ/自転車/電話/子どもの絵/子ども文化財
    3 あそびの季節 047
    お年玉/ひな祭り/通学路/水あそび/くらやみ/夏の光/お祭り/雪がふれば

    II 子どもの空間 063
    1 子どものための都市空間 064
    子どものための地図/子どもの国/ちびっこ広場/屋上のあそび場/ディズニーランド/遊具と児童公園/冒険あそび場/道路/駐車場
    2 住まいと建築 082
    プールのある家/畳の家/子ども部屋と机/集合住宅/高層住宅/児童館/保育園/野外活動施設/水族館/科学館
    3 遊びやすい空間 104
    巨大遊具/廊下/安全性の高い空間/あそびやすい空間/ポーラスな空間/ゲームのできる町

    III 世界の子ども 119
    ソウルの唄あそび/北京の子ども/台湾の子ども/ロサンゼルスの子ども/ボストンの子ども博物館/ミュンヘンの子ども/プレーバス/マドローダム/ストリート・チルドレン/チュニスの子ども/トロントのホッケーあそび/帰国子女/輸出される子ども文化

    IV あそび環境の現在 147
    1 子どもはあそびの天才か 148
    子どもは天才か/少子化/あそび時間/子どもの日
    2 あそび環境の変化 157
    ふるさとの変貌/斜面緑地/あそび環境調査/あそび空間の変化/子どもがみえない/外あそびから内あそびへ/悪化の循環/第二の変化

    V 子どもと大人 177
    1 大人の役割 178
    子どもサミット/IPA世界大会/プレーリーダー/日曜日/母親たち/新しい親・新しい先生
    2 夢・提案 191
    未来都市/疎開/建築・環境教育/マスタープラン/あそび基準法

    あとがき(一九二九年九月 著者) [203-205]
    主要論文 [1-3]

  • "こどものあそび環境"をより簡易的に短くしたもの。分かりやすくてこちらの方が良い。

  • 戸江せんせ おすすめの1冊

  • [ 内容 ]
    子どもは遊びの天才であると言われている。
    しかし、緑地や空き地のない街、交通戦争、塾やけいこ事に追われる忙しい毎日など、子どもたちをとりまく環境は、彼らからどんどん遊びを奪いつつある。
    長年にわたって子どもの遊び環境の調査とそのデザイン・建築に携わってきた著者が、いま子どもたちのために必要な事、工夫すべき事を語る。

    [ 目次 ]
    1 あそびの原風景
    2 子どもの空間
    3 世界の子ども
    4 あそび環境の現在
    5 子どもと大人

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 大人が子どもの遊びに関わるとはどういうことなのかを考えさせられる。

  • 普段考えない遊具の意味。
    面白いヒントがたくさんありました。(小笠原)

  • 分類=子ども・遊び。92年11月。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

環境建築家、環境デザイン研究所会長、東京工業大学名誉教授。近年の代表作に新・広島市民球場(日本建築家協会賞)、国際教養大学図書館棟(村野藤吾賞)などがある。
1941年神奈川県横浜市生まれ。1964年東京工業大学工学部建築学科卒業、菊竹清訓建築設計事務所入所。1968年環境デザイン研究所を創設。1982年「こどものあそび環境の構造の研究」で工学博士(東工大)。2001年~03年日本建築学会会長。06年~08年日本建築家協会会長。著書は『子どもとあそび~環境建築家の眼』(岩波書店)『環境デザイン論』(放送大学教育振興会)など多数。

「2016年 『人が集まる建築 環境×デザイン×こどもの研究』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仙田満の作品

子どもとあそび―環境建築家の眼 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする