タバコはなぜやめられないか (岩波新書)

著者 : 宮里勝政
  • 岩波書店 (1993年1月20日発売)
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302643

タバコはなぜやめられないか (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「喫煙する前に覚醒レベルが高い場合は、喫煙によりこれを下げるほうへ、喫煙する前に覚醒レベルが低い場合は、これを高める方向での変化が見られたのである。」

    タバコの依存作用について書いてある本。タバコをやめれらないのは、ニコチンが原因である。ニコチンの快感はマリファナのそれに似ているらしい。

    ニコチンには、興奮作用と興奮抑制作用の両方がある。この本では、タバコの効果が比較的ポジティブに書かれていた。

  •  
    ── 宮里 勝政《タバコはなぜやめられないか 19930120 岩波新書》
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4004302641
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/20020226
     さらば、ニコチン ~ 私の二・二六事件 ~
     
    [f:id:aedlib:20100114140846j:image:320]
    …… 映画でみたような・・楊枝をさして“シケモク”のスタイル。
    http://blogs.yahoo.co.jp/d9k5hm2821/23731672.html(20100114)
    http://q.hatena.ne.jp/1465837180#a1257342(No.3 20160614 23:39:05)
     
    (20100411)(20160614)

  • タバコは、体に害を及ぼす物である。では、なぜタバコはやめられないのか。この本は、そんな疑問を解決してくれる本です。タバコを吸っている人は、なかなか禁煙なんてできない。ストレスなどがあるとよく吸ってしまうらしい。それが、将来の自分の体に多大な害を与える。この本は、そんな人の心理や体の状況もわかります。タバコをやめられない人や疑問を持っている人は、この本を読んでタバコをやめられない理由を是非知って下さい。

  • 私はタバコを吸わない。人々は、たばこはどうしてもやめられないというけれどそれはどうしてか。タバコも薬物と同じ依存性があります。タバコは体に悪い、しかし喫煙者はタバコを吸う。お酒を飲む人ほど、たばこも吸っている。ストレスによってもタバコを吸っている。タバコを吸うとその時は、気持ちが楽になる。しかし、たばこを吸ってないというストレスなどでまたタバコを吸う。タバコ依存している人は、たばこからなかなか抜けられないのである。少しずつ吸う本数を減らすのが効果的だろう。

  • 読んでもやめられない僕がここにいますww

  • 2009.2購入¥105

  • 僕は過去に10年程喫煙してから今現在、禁煙して1年半程です。はっきり言って簡単な事ではありませんでした。そして禁煙後の過剰潔癖や不眠症などに少々悩んでいたのですが、この本を読む限りこの症状は一般的な禁断症状なのだと思って安心しました。そういうシンプルな解決って大事です。そういう意味合いで禁煙は禁断症状の理解が身近な人にないと成功が難しいのだろうなと思いました。たまたま僕はそういう意味では多少恵まれた環境なので、おそらくこのまま吸わないでいられると思います。

  • 私自身の禁煙1周年を記念した酔狂なる試みとしてして読んだ一冊。
    元愛煙家・現禁煙者の身分でこの手の本を読むとどんな気分になるかの実験的読書でもある。
    ニコチンは肝臓で代謝されるって事実を知った以外の感想は「いまさら、どうでもいいや...」の一言に尽きる(笑)。

  • 人間が好きじゃなきゃ喫煙の研究とかできねーなー、と思った。

全9件中 1 - 9件を表示

宮里勝政の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ロバート キヨサ...
マーク・ピーター...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

タバコはなぜやめられないか (岩波新書)はこんな本です

ツイートする