武家と天皇―王権をめぐる相剋 (岩波新書)

著者 : 今谷明
  • 岩波書店 (1993年6月21日発売)
3.44
  • (4)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
  • 64人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004302865

作品紹介

最強の武権政府=江戸幕府はなぜ天皇制を廃止しなかったのか?秀吉から家康にいたる統一政権成立期の朝幕関係を克明にあとづけるなかに、ダイナミックな歴史像と様々な興味深い論点が浮かび上がる。足利義満の皇位簒奪計画の解明からはじまって、「天皇制はなぜ続いたのか」という課題に挑んできた著者の集大成がここに示される。

武家と天皇―王権をめぐる相剋 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1993年刊。やや古い書で止むを得ないかもしれないが、結局、中世の天皇論は政治史との関連(義満による簒奪?と戦国時代・織豊時代における抗争者の権威付け目的の天皇制度の利用)、近世は宗教(紫衣事件)との関連でしか論じない。一部、後水尾天皇の譲位問題を丁寧に検討するが、事件の社会的影響には疑問符がつき、極めて矮小な事案。本書は種々論じるが、結局足利義満だけが日本史上の例外であったことを明示するに過ぎない感。個人的には、中世、特に足利義満期から織豊政権までの、天皇と宗教との関係・影響力を論じたものを読みたい。
    なお、著者の秀吉論、つまり彼の天皇の利用目的(家康の武力での屈服に失敗(小牧長久手の戦の敗戦)により短期的には天皇・律令制度の支配構造を利用し東国支配を正当化せざるを得ず、家康・氏政・政宗らを屈服された後も支配の正当化原理を変更するわけにはいかなかった)、さらには天皇を正当性の淵源とする豊臣平和令の解釈は、藤木久志氏とは異質な、中世法制史との異同を踏まえたもので興味深い。著者は横浜市立大学文理学部教授。

  • 日本史の概略を知っている欧米人の中には日本の「皇帝」の特徴を詳しく知りたがる人がいる。

  • 書名の通り、武士と天皇の関係性についての考察です。

    武士という存在が歴史の表舞台に登場するようになって以降、影の薄くなってしまった天皇ですが、その存在は消滅することなく、現在も続いています。

    なぜ、天皇は存続できたのか?
    なぜ、誰も天皇になり替わろうとしなかった(できなかった)のか?

    それらの疑問に対する筆者なりの答えが本書になります。

    やや古めかつ固めではありますが、上記のような疑問を持つ方にはおすすめしたい本です。

  • 中世~近世における武家と天皇という、二大勢力の関係性についての論考。対立したり融和したり利用したり裏をかいたりと、双方微妙な関係が様々に解説されるが、文章がちと難解。

  • 著者は天皇権威のメカニズムを明らかにする過程で,秀吉が将軍になれなかったわけについても触れている。秀吉は源氏の流れを汲まないから,という俗説は否定され,真の理由が明らかにされる。歴史ファンは必読である。

  • 戦国の武家王者と天皇との関係について、記したもの。
    足利時代に武家が先導、戦国時代に天皇側にゆるやかに戻り、正親町〜後水尾での相克を丁寧に記す。

全6件中 1 - 6件を表示

今谷明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

武家と天皇―王権をめぐる相剋 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする