考古学の散歩道 (岩波新書 新赤版 (312))

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (3)
  • (6)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303121

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 考古学研究者が論じ合う現代批評。

  • [ 内容 ]
    日本人とは?
    日本的な技術と文化とは?
    考古学の情報が現代に伝えるメッセージとは?
    “紀元前後のボートピープル”“キモノと装身具”“花を飾る文化”“地震を発掘する”、そして“戦争の起源”“考古学者の戦争”等々、興味深いエピソードから現代の争点となる問題まで、考古学研究者が縦横に論じあう現代批評。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 田中 琢, 佐原 真。このお二人は戦後考古学界を牽引した巨人ですな。
    興味深いテーマについて述べられている。
    最後の対談は熱い!おすすめ。

全3件中 1 - 3件を表示

田中琢の作品

ツイートする