国連と日本 (岩波新書)

著者 : 河辺一郎
  • 岩波書店 (1994年1月20日発売)
2.91
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303176

作品紹介・あらすじ

湾岸戦争以来にわかに注目を浴びる国連。だがその実、日本が国連で何をしてきたのかは、あまり知られていない。米国の国連批判と国連利用、「国連中心主義」の虚実、軍縮・PKO・人権問題への日本の対応、国連改革論と常任理事国入りなど、ホットなテーマに即して検証する。これからの国連と日本のゆくえを考えるために必読の書。

国連と日本 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4-00-430317-6 238p 1994・1・20 1刷

  • 国連が何をしているのか、日本の役割、アメリカのポジションなど、知っておくべきことが多い。

  • 第一章 国連総会で揺れる米国の姿勢
    賛成率が10%だった米国
    米国をなぞる日本
    米国の国連利用はなぜ可能になったか

    第二章 「国連中心主義」の本音と建前
    なぜ「連合国」が「国際連合」と訳されたのか
    冷戦の一コマとしての国連加盟
    加盟促進のためのアジア・グループ入り
    安保条約改定の便法として
    打ち捨てられる国連中心主義
    日本外交の本音と建前

    第三章 「平和国家」日本の実像
    反核日本から反・反核日本へ
    なぜ日本は核軍縮に反対したか
    非核地帯への矛盾した対応
    対米関係の取引材料として

    第四章 PKOの軍事化と日本
    妥協措置としてのPKOの限界
    経費負担を渋り、PKOを押さえつける日本
    文民利用を妨害し軍事化を進める日本
    PKO協力法の裏で行っていたこと
    「平和への課題」が出される前に成立を
    「平和への課題」はどこが問題か

    第五章 人権問題、紛争解決と日本
    植民地独立──日本は安保理で何をしているのか
    国内の紛争に対しても日本は何もしない
    開発途上国の人権問題を押さえ込む日本
    国内への姿勢も後向き

    第六章 何のための国連改革か
    国連改革とは何か
    日本はなぜ「国連行軍」を推進したか
    これで財政貢献といえるか
    苦戦続きの安保理選挙
    日本はなぜ安保理に多選できたのか
    常任理事国になって何をするのか

    引用文献一覧
    (斎藤鎮男の著作物からの引用が多い)

全4件中 1 - 4件を表示

河辺一郎の作品

国連と日本 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする