自然保護という思想 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.25
  • (0)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303275

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    環境破壊が深刻化し、人間の存在そのものがそれを加速しているいま、私たちはどのように自然とつきあっていけばよいのだろうか。
    生態系のパイオニアであり、半世紀もの間、自然保護のために精力的に行動してきた著者が、二一世紀に向けての自然とと共存方法を、先人たちの軌跡や、自然誌博物館の設立など自らの体験を踏まえて語る。

    [ 目次 ]
    はじめに―自然保護のこころ
    1 自然保護の軌跡
    2 生態学の視座から
    3 生物と環境
    4 自然を知る
    4 危機のなかの自然

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 適当に手にとったこの一冊…

    自然保護運動や事件が知れた

  • 70年代前後のエコロジー運動の成り立ちなどを参考にしました。

  • 哲学16

全4件中 1 - 4件を表示

沼田真の作品

自然保護という思想 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする