日本の憲法 第3版 (岩波新書)

著者 : 長谷川正安
  • 岩波書店 (1994年4月20日発売)
3.50
  • (1)
  • (6)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :40
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303329

作品紹介

戦後50年を目前にした今日、「大国」化に伴う新たな改憲論も台頭し、憲法をめぐる状況はますます厳しさを増している。天皇、戦争放棄、議会制、基本的人権等の主要な論点に即して、規範と現実が乖離する実態を明らかにする。

日本の憲法 第3版 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岩波書店らしい憲法の入門書です。天皇や自衛隊をめぐる問題のほか、統治機構や国民の権利と義務をめぐる問題などのテーマをめぐって、憲法の理念と実態の乖離を、批判的に論じています。

    あくまで入門書で、憲法をめぐるアクチュアルな問題について知りたいという目的にストレートに答えてくれるものではありませんでしたが、憲法に関する基礎的な知識を確認するのに役立ちました。

  • マルクス主義法学として有名な長谷川正安による憲法学の入門書。いわゆる「左翼的なスタンス」から憲法上の諸問題を論じています。見解を支持するか否かは別として、主要な論点には一通り触れているので、入門書としては最適かと。

  • [ 内容 ]
    戦後50年を目前にした今日、「大国」化に伴う新たな改憲論も台頭し、憲法をめぐる状況はますます厳しさを増している。
    天皇、戦争放棄、議会制、基本的人権等の主要な論点に即して、規範と現実が乖離する実態を明らかにする。

    [ 目次 ]
    1 憲法を考える
    2 天皇と国民
    3 戦争と平和
    4 権力の集中と分立
    5 国民の権利と義務
    あとがきにかえて―昭和から平成へ
    付録 日本国憲法

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全3件中 1 - 3件を表示

長谷川正安の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本の憲法 第3版 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする