日本語の起源 新版 (岩波新書)

著者 : 大野晋
  • 岩波書店 (1994年6月20日発売)
3.54
  • (12)
  • (18)
  • (34)
  • (3)
  • (1)
  • 179人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303404

作品紹介

日本語とはどこに起源を持つ言葉なのか。旧版(一九五七年刊)では答の得られなかったこの問いに、数多くの単語、係り結びや五七五七七の短歌の形、お米や墓などの考古学的検証、さらにカミ、アハレ、サビなど日本人の精神を形作る言葉の面から古代タミル語との見事な対応関係を立証して答え、言語と文明の系統論上に決定的な提起を行う。

日本語の起源 新版 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本語の起源はタミル語ではないか?
    と言う説を持つ、大野 晋先生の著書。

    この本を読んだからと言って、日本語の起源がタミル語であるのか、そうでないのかと言う判断は私には出来ないが、なかなか楽しく読ませてもらった。

    それほど難しくかかれているほんではないので、日本語の歴史に興味のある方には、お勧めかもしれません。

  • 久しぶりに再読。初めてこの本を読んだとき、日本語とタミル語が同系語だという仮説にわくわくしたものだが、支持は得られていないようだ。1994年6月20日第1刷発行、2000年5月8日第13刷発行。定価(本体700円+税)。

  • なんとも、読みたくなるタイトルやないですか。
    著者が、これほどに正確に大量に「タミル語と同じ源流を持つ」と考えられる論を展開してるのに、比較言語学的には認められないという。でも、ぼくはロマンがあっていいなと、そう感じたし、大和言葉も素敵だなって思った。併読してる論語にも、何かつながったものが見えて来た。

    ただ、ロマンと学問は違うので、比較言語学も学んでみて改めて考えていこうと思う。

  •  先日読んだ藤原正彦の『心は孤独な数学者』の中で紹介されていたので読んでみた。
     日本語の起源を古代タミル語(インド南部の言葉)の中に見出すという、なかなかロマン溢れる仮説を楽しく読むことができた。

     おそらく正解はないのだろうし、本書の仮説も一説にすぎないと思うが、数多くの単語,歌の形,考古学的検証などから古代タミル語との対応を具に並べて立証する努力は研究方法という点でも参考になる。
     文中、その対応関係を並べ立てる箇所が多く、ひとつひとつ学ぼうという気はないので、その例証の多さにはちょっと引いてしまうが(巻末には300語におよぶ対比表が載っている)、適当に読み飛ばしつつ主旨を理解するに、まず文法的仕組み、次に基礎単語の対応、文化や風習の類似やそれに伴う単語の存在、そして実際の人の流れ、その時代考証と、ひとつひとつ自説を補完していくように例示してある。

     また、面白いのは、両方の言語を比較することで、
    「日本語の古典語の文法から類推してタミル語の古文の文法を理解するのだが、そうするとタミル語の古文が、伝統的なタミル語文法の説明よりもかえってよく理解できる」
     とか、助詞の「モ」の存在を巡って
    「タミル語を知ることによって、日本語がよく見えるようになった例である。」
     と、単一言語だけの研究ではたどり着けなかった文法、用法の理解が進むというのは面白いものだ。言語学に限った話でなく、これは他の分野、あるいは日々の暮らしの中でもありえることだなと思えた。

     でもまぁ、いろいろ不備な点や、読んでて腑に落ちないところ、トンデモ本っぽいニオイがなきにしもあらず(苦笑)。冒頭、著者は「言語と文化と人間(人種)の三項を、たやすく重ね合わせて考え」てはいけないというが、やはり自説の証明にはそれらの一致ないしは濃密な関連性を示していくしかないと思うし、本書も結局はそれらの項目にそって証明していってるように見受けられる。 
     いろいろ牽強付会な印象も受けるが、けっしてそれが悪いと否定する気はないし、新しい説を唱えるときには一点突破全面展開が必要な時があることも理解している。本書の仮説に対する反論は専門家に任せるとしましょう。

     とにかく「音」に関してのアプローチは面白いし、自分の感覚としても腑に落ちるところがある。
     邪馬台国が大陸と交流を持ったことを記した文献(「魏志倭人伝」だかなんだか、その類の書)の中に、途中通過する地名として”好古都”が出てくる。当時、中学の日本史の授業では、そこを「こうこうつ」の国と教わった。その後、古代日本語の発音等の研究が進んで、この好古都の「好」は中国語のニーハオの”好”(はぉ)に近い発音であり、当時は「はぉことぅ」と発音されたのであろう、となると「好古都」は九州の「博多」のことだろうと。そしてその間の日程などを考慮して邪馬台国の所在地を類推した説には鳥肌が立った覚えがある(井沢元彦の『逆説の日本史』の中で紹介されていた説だったかな)。

     本書のタミル語日本語起源説も音韻をメインに、是非その方向で研究が深まればいいなと思う。

  • なんとも読み難い本でしたが、日本語の起源をタミル語に求める論が面白いです。
    ただ…、説としては面白いのですが、実際のところどうなんでしょう…?

  • 文字通り、日本語の起源を探る本。

    これは、、、めちゃくちゃ面白かった!!!予想以上!

    漢字流入以前の古来の日本語は、インドのタミル語ではないか?とする筆者の仮説を様々な根拠から明らかにしていく。

    その根拠は多岐にわたる。
    音、埋葬方法、農耕文化、土器、和歌、などなど。
    個人的には和歌とタミル語の古い歌との対応関係とかはちょっと感動した。

    これを読むと、とても説得力があるように感じるし、こりゃ日本語の起源はタミル語で決まりやな!と思ってしまうw

    ところが、ちょっと調べると、どうやら学会的にはこのタミル語説は全然主流ではなく認められてないそうな。
    (日本語の起源は、まだ不明、と言うのが今の状況らしい)
    学術的にはまだまだ粗がある説らしいので、それは頭に入れておいた方がいいと思う。

    それでも(いや、だからこそかな)、素人が読む分には大変興味深く、かつ面白い。
    細かい、そして学術的には重要であろうと思われる証明部分があまりないのが読みやすいww

    こう言う説がある、とわかっただけでも面白いし、こう言う学術的な分野の本にも興味がわいたのがありがたい。

  • 今年8月に読んだ、藤原正彦『心は孤独な数学者』(新潮文庫)の中で触れていた本。

    日本語と南インドのタミル語が同系であるということを証明していく。
    高校の授業以来、日本語は朝鮮語やアルタイ語に属しているとずっと思っていたが、これらは文法的には近くても基礎語の一致が少ない。

    日本語とタミル語ではいくつもの言葉の音と意味の両面で対応があり、文法的にも似ている。五七五七七や係り結びが一致するとか、びっくりする。
    係り結びっていう言葉を何年ぶりに目にしたことか。

    理系の証明であれば、数式がどうとか、有意差がどうかとか、決まった材料を揃えれば説得力を持たせられるだろうけど、こういう文系領域では研究者間の、何に重きを置くかとかで意見が分かれそうだなと思った。

    単語の音、語根、意味の比較、モノや文化、精神の比較と、本書で取り上げる内容はとても幅広い。言葉の話はまだ「へー」で読めたけど、モノの話はあまりに考古学的知識がなくて、ちょっと疲れた。あとがきで触れているように、「学際的」という言葉がぴったり。

    さらっと「『岩波古語辞典』の編集に20年を費やした」と書かれいて、『舟を編む』のことを思い出した。やっぱり辞書作りは果てしない時間がかかるんだ。松本先生やマジメ君のような感じだったんだろうか。

    途中で出てきた、ケルト語のところに俗ラテン語が入ってきてフランス語が成立した、というのも興味深かった。ヨーロッパにいくつもある言語も、こういう具合に説明できるんだろうか。

    宮崎駿がもののけ姫の時に参考にしたという、照葉樹林文化論のことを思い出した。本書の言う、南インドから言語、文化が伝わったという説とも近いのか。それとも矛盾するものなのか。こちらも読んでみなければ。芋づる式にいろんな好奇心が湧いてくる。

  • 言葉の起源ってこういう風にたどっていくのか、と思った。

  • 日本語は実はタミル語から生まれたのではないか、という仮説を検証している本。
    大学時代に読んでとても衝撃を受けた。

  • 主に日本語とタミル語の連関について書かれている。こんな説があったとは知らなかった。無文字時代の「日本語?」ってどんなのだったかとても気になる。少なくとも「やまとことば」の音が手掛かりになるのは間違いない。

全19件中 1 - 10件を表示

大野晋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

日本語の起源 新版 (岩波新書)に関連する談話室の質問

日本語の起源 新版 (岩波新書)に関連するまとめ

日本語の起源 新版 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする