中国人口超大国のゆくえ (岩波新書)

著者 : 若林敬子
  • 岩波書店 (1994年6月20日発売)
3.15
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303411

作品紹介

57億が2050年には100億へ。世界人口の激増が深刻化する一方で、「産む自由」を叫ぶ声も強く聞かれる。そのなかで、世界一の人口、12億を抱える中国の一人っ子政策が成功したといわれるが、実情はどうなのか。農村から都市、国外へと向かう大量の人々の移動をどう見るか。経済政策や社会への影響は。現地調査に基づく意欲作。

中国人口超大国のゆくえ (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国の人口問題について、よくまとまってると思うけど、すでに内容が古くなってる。この本のせいというより、それだけ中国の変化が速いということ。

  • 中国の一人っ子政策の歴史と問題点について書かれた本。

    昔の本だからっていうのもあるけど、
    比較的既知の事実が多かった。

    中国の戸籍のシステムや、
    流動人口の数の多さといった問題点については、
    なかなか興味深かった。

  • 1997・7・15 10刷 221+年表3ページ 4004303419
    人口問題から見た現代中国史とも言える内容。
    人口抑制、地域格差、過疎・過密、流動人口、無戸籍、国境を越える人々、家族制度、少数民族・・・。中国の抱えるスケール大きい人口問題に正直驚いた。

全3件中 1 - 3件を表示

若林敬子の作品

中国人口超大国のゆくえ (岩波新書)はこんな本です

ツイートする