ライン河紀行 (岩波新書)

著者 : 吾郷慶一
  • 岩波書店 (1994年8月22日発売)
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303473

作品紹介

スイス・アルプスの源流からオランダの河口まで-ヨーロッパの中枢を流れるライン河流域は、ローマ帝国の時代以来、民族・国家の興亡の主舞台であっただけでなく、欧州統合のゆくえを占う格好の一帯でもある。中世の城や大寺院、ブドウ畑とワイン、廃墟と化した原発…。河畔に長く住んだ著者が、その流れに沿って案内する知的な旅。

ライン河紀行 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • オランダ、ドイツ、フランス、スイスが主な国。。
    リヒテンシュタイン、オーストリア、ベルギーにも一部影響を与えている。

    沿岸都市の紹介が、建築物などを含めて楽しめる。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ライン河紀行 (岩波新書)に関連するまとめ

ライン河紀行 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする