子どもの歌を語る―唱歌と童謡 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303527

作品紹介・あらすじ

明治以来、日本の子どもたちは、どんな歌をうたってきたか。音楽教育は、うたう喜びを教えてきただろうか。国策に沿って制定された唱歌、それを批判して北原白秋らが生んだ童謡、そしてわらべ歌、軍歌…。誰もが知るなつかしい歌の興味深いエピソードを、その歌詞も引きながら紹介し、今日の音楽文化と学校教育を考える視点を提供する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 面白く読み進めました

    明治に怒涛の如く
    入り込んできた
    さまざまなものたち
    その中の一つが
    「音楽取調係」
    ずっと 気にかかるものの
    一つでした

    西洋音楽
    それもごくごく限定された
    西洋の僅か100年ばかりの間に
    出現した西洋の音楽だけを
    絶対最高の規範としてしまった
    それからの
    この国の音楽の有り様を
    ずっと おかしいなぁ
    と 思っているものに
    とっては

    とても 興味深い一冊に
    なっています

  • 高野辰之が教科書的唱歌を批判的に考えるようになった経緯は興味深い。あとは、岩波のバイアスが見え隠れ。

  • 小学唱歌が近代音楽の始まりの一つ。
    唱歌からはじまり、流行歌へと広まっていった西洋風の音楽。

    明治以降の近代化の波の大きさが分かる。

全3件中 1 - 3件を表示

山住正己の作品

子どもの歌を語る―唱歌と童謡 (岩波新書)に関連するまとめ

子どもの歌を語る―唱歌と童謡 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする