戦後政治史 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.18
  • (1)
  • (6)
  • (19)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 84
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303671

作品紹介・あらすじ

自民単独支配の終焉後、いっそう混迷の度を深める日本の政治。そのゆくえを考える上で、戦後五〇年の歩みをたどり直すことは、何よりも有効にちがいない。本書は、好評の『データ戦後政治史』(一九八四年刊)を大幅に増補、改訂した新版。ベテラン政治記者が激動の現代史を手ぎわよく記すとともに、衆参両院の全選挙結果一覧を収める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旧版(第三版が2010年に出ているそうだが、読了するまで知らなかった)。196

  • 歴史年表に書かれているような出来事の羅列ではなく、流れとして戦後の政界の変遷を捉えられるところが良い。本のレベルも、この分野に興味があれば読み進められるレベルであると思う。終戦のエンペラーという映画を観た後だけに、一部の戦後史がするっと受け入れられ、個人的に感慨深いかった。

  • 4004303672 263p 1997・4・15 9刷

  • ちょっと古い本ではあるけど、自民党体制時代の、特に55年体制が一時中断されるまでの流れがつかめる。

  • 朝日新聞の石川真澄記者による、戦後日本の政治の移り変わりを克明に述べた書。(シリーズ日本近現代史と比較もしたいが)
    本書で述べている内容は93年の政界再編、自社さ連立内閣までの記録であるが、新版では北大の山口二郎氏が小泉時代までの補完を行っている。
    いわゆる55年体制のゆくえを追うのにふさわしく、政治に限定した記述を心がけている点で、戦後史の辞書代わりにも使える。
    有権者なら一家に一冊あった方が良いのではないだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

石川真澄の作品

ツイートする