在日外国人 新版―法の壁、心の溝 (岩波新書)

著者 : 田中宏
  • 岩波書店 (1995年1月20日発売)
3.29
  • (5)
  • (13)
  • (43)
  • (4)
  • (0)
  • 168人登録
  • 13レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303701

作品紹介

三五年前のアジア人留学生たちとの出会いをきっかけにして、著者は在日韓国・朝鮮人、留学生、労働者などを取り囲む数々の「壁」を打ち破るために尽力してきた。本書は多くの読者に迎えられた旧版に、戦後補償をめぐる動向、入管法「改正」後の様々な社会的変化を加え、データを刷新してまとめた。真の「国際化」を考えるための必読書。

在日外国人 新版―法の壁、心の溝 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2013年に「第三版」が出ているので「第二版」に当たる。図書館除籍本。194

  • 中国人、韓国人が圧倒的に多い。
    在日朝鮮人にとっては伊藤博文が1000円札になったときは複雑な気持ちだったそうだ。
    朝鮮学校を出ても国立大学はほとんど入れなかった。韓国の高校を卒業して日本に留学すれば日本の大学に入れるが、日本に来て朝鮮、韓国学校を出ても日本の大学には入れなかった。不思議だが、それでよい。

  • 授業で在日外国人の参政権問題について調べたかったときに、購入した一冊。
    著者が体験をもとに在日外国人の実態について語っているもの。途中で面白くなくなって、放棄した笑
    また外国人参政権について考えたいときは読み直したい。

  • [ 内容 ]
    三五年前のアジア人留学生たちとの出会いをきっかけにして、著者は在日韓国・朝鮮人、留学生、労働者などを取り囲む数々の「壁」を打ち破るために尽力してきた。
    本書は多くの読者に迎えられた旧版に、戦後補償をめぐる動向、入管法「改正」後の様々な社会的変化を加え、データを刷新してまとめた。
    真の「国際化」を考えるための必読書。

    [ 目次 ]
    序章 アジア人留学生との出会い
    1 在日外国人はいま
    2 「帝国臣民」から「外国人」へ
    3 指紋の押捺
    4 援護から除かれた戦争犠牲者
    5 差別撤廃への挑戦
    6 「黒船」となったインドシナ難民
    7 国際国家のかけ声のもとで
    8 外国人労働者と日本
    終章 ともに生きる社会へ

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 適当に手にとったこの一冊…

    在日外国人が直面した弊害、日本政府の対応の歴史について書かれていたなあ
    人口減少のなか在日外国人、これから日本にくる外国人についての理解を深めなきゃなあと感じた一冊
    特に戦後補償についての記述が初めて知ったので鮮烈だったなあ

  • ぁなたの周りに
    在日外国人は居ますか?




    在日外国人に対する



    日本人の無意識/潜在的な差別意識



    歴史認識の不十分さ



    自分に甘く
    他人に厳しぃ


    そんな法律と人々の意識



    日本人が今まで

    自分を支えるために避けてたことが

    ズバ02書いてぁる





    戦争の時代に強制連行された在日外国人



    戦争が終わって仕事のために来た在日外国人



    そして
    2世、3世…




    私の周りにも居たけど
    問題意識なんてサラ02感じなかった



    自分の内なる差別意識と
    向き合ぅことになりました





    国際化だー

    と高らかに叫ぶ前に
    絶対読んでほしぃ本です

  • この本は主に在日朝鮮人を軸として
    日本の外国人にかかわる法令が
    どのような経緯をたどってきたかについて書いている本。

    まえがきの「日本人は外国人を?害国人?だと思ってるんですか。」
    って言葉は結構印象的だったかも。
    日本って諸外国の対応と比較すると、外国人にかなり冷たい。
    排他的。

    驚いたのは、朝鮮高等学校とかの外国人学校卒業者に
    大学入学資格が認められていなかったこと。
    これ、つい10年前くらいの話だよ。

    あとはうちは使ったことも見たこともないけど、
    伊藤博文の千円札の話とか。
    朝鮮の人にとったら伊藤博文って侵略者なわけで、
    安重根はヒーローなんだよね。
    そんな人がお札になるってことは彼らにとっていかに不快なことか、
    配慮に欠けてるよね。

    解決してるはずなのに
    未だに韓国が賠償を求めてくる気持ちが少しわかった。

  • 戦後の混乱期に吉田茂が「在日朝鮮人は犯罪の温床」という悪意に近い感情を持っていたことが明らかな談話が引用されている◆それが本当に偏見や差別なのかをきちんと調べたいと思った。

  • 大学入試用に買った1冊。
    ちょっと情報が古いかな…。
    でも興味ある者にとっては読み応え有ります。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004303702/ieiriblog-22" target="_blank">在日外国人―法の壁、心の溝</a></div><div class="booklog-pub">田中 宏 / 岩波書店(1995/01)</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:41,817位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4004303702/ieiriblog-22" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4004303702/via=sugiso_nihongo" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

全13件中 1 - 10件を表示

田中宏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

在日外国人 新版―法の壁、心の溝 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする