共生の大地―新しい経済がはじまる (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.50
  • (4)
  • (12)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303817

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1995年と古い本だけど、書いてあることは今でも使えるような内容が多いように感じた一冊です。それぞれの地域で抱えていた課題にどう取り組んだのか、それを妨げたのは何だったのか、最終的にそれは中央も問題に収束していき、日本と世界との関係性も踏まえて改善すべき点を明らかにしていく。多少、インターネットや携帯電話の普及など技術的には変化はあるにせよ、20年前に解決が必要だと考えられていたことがほとんど解決していないようにも読めて、根が深そうだけど取り組まないといけないよなと感じました。結構しっかりまちのことを考えてる人向けだと思います。

  • 1995年刊行の書。今読むと、確かに今あるささやかな活動のルーツにあたるようなことがらが、とても前向きに取り上げてはあるけれど、現実にはそれがさしたる効果を上げてはおらず、却ってそれが行政の「謳い文句」にしか過ぎなくなっている場合もあることに、一抹の虚しさを感じる…。

  • 利益のみを追求する資本主義が世界全体を覆っていく中で、地域や環境との共生をめざすオルタナティヴな可能性を探ろうとしている企業やNPOの活動についてのルポです。また、そうした試みをめざす人びとの前に立ちはだかる行政の壁についても触れられています。

    いろいろな事例が示されていて興味深く読めましたが、少し気になったのは行政対市民という二項対立的な枠組みが採られているように見えることです。本書が刊行された1995年にはまだはっきりと認識されていなかったのでしょうが、インターネットの普及によってさまざまな草の根の運動が叢生した現在にあっては、市民の内実も多様なものになっていて、行政対市民という単純な枠組みでは捉えられない動きも多く見られるようになってきているのではないかという気がします。

  • 内橋克人氏の著作「匠の時代」は、
    仕事をする中で、実に示唆を受けた。

    ベンチャー精神とはなにかを考えさせられた。
    そして、今年に入ってから、
    「浪費なき成長」を読み、
    新しい時代が生まれてきていることを知った。

    「節約と成長」は、両立しないかという
    大きなテーマにとり組み、そして、
    「浪費なき成長」という結論を出すにいたる。

    <人は「生きる」「働く」「暮らす」
    というものがバラバラでなく、統合されていてこそ、
    全的な存在としてこの世にあり得る。>
    という命題にいきあたることとなる。

    ある意味では、この著作「浪費なき成長」
    のコアとなるべき考え方が、
    「共生の大地」で提起している
    「多元的経済社会」であろう。

    食と職の確保において自立を達成する
    「協同の思想」の原点を確かめ、
    そこから、利益共同体でもなく運命共同体でもない
    「使命(ミッション)共同体」のあるべき姿と
    その時代が到来していることを指し示している。

    <どのような考え方で、
    どのような仕事をしてきたのか?>が重要であり、
    「考え方が先にあって、
    それが技術を蘇生させよう」としている。

    「経営者とは社員を守るためにあるんです。
    従業員に奉仕できることができてこその
    企業家です。」
    ウオパカ・ファンドリー社 ゲイリー社長

    バイタル・マジョリティとしての日本の中小企業
    を支えるものは、人の身の丈に相応し、
    人間に会わせてものと組織と事業を
    作りあげようとする気風と精神をおいてほかにない。

    たくさんの情報よりも、
    それをささえる人の魂にふれることが大切。

    利潤極大化とそのための競争をもって
    行動原理とするカイシャは、
    経済社会が要求するニーズのすべてには
    対応できない。

    福祉・環境・文化にとどまらず、
    およそヒューマン・インターフェースを
    必要とするような新しい領域において、
    需要と供給とのあいだに広がる
    ミスマッチング(すれ違い)をさけることができない。

    社会的に必要とされ、なくてはならぬ労働
    として人々が実感し認知する領域の多くが、
    利潤動機から大きく外れた、
    市場経済の圏外に広がっている。

    満たされざる労働
    人々に充分な職を提供できない経済とは一体何なのか?
    そこに働く人々が求める
    「働きがい」「生きがい」に本当に結びつくのか?

    国際協力は、「カネの施し」と
    「モノ乞い」であるはずがない。
    根こそぎの熱帯雨林の破壊が、
    途上国自立の代償であるならば、
    引き替えに地球の未来は消えてしまう。
     
    「ゼロエミッション」
    完全なゼロエミッションを可能にするには、
    企業・産業活動で投入される総インプット(投入要素)が
    その企業・産業内で完全に消化され、
    総アウトプット(産出物)に等しくなるよう
    生産システムを構築することだ。

    「例えばリサイクルというのは、
    非常に金がかかって面倒な仕事ですが、
    なんとしても先駆けでやっておかなければならない。
    先駆者はさまざまなシステムつくりにおいて、
    すぐれた発明を生む。
    ひとつの企業の正義を有識者が
    支援してくれるようになるまでまってはいられない、
    というのが私どもの正直な哲学です」
    キャノン 山路会長

    「人生はエンジョイするためにあるもの、
    会社もまたエンジョイのための
    空間でなければなりません。
    一人一人が自分の裁量するのが仕事です」
    ベネッセ 福武総一郎

  • 発行は1995年ですが、いわゆる小泉劇場をある意味予言している点も含め、今読んでも十分通用する内容でした。日本が進んでいないのか、著者が鋭過ぎるのか。


    [気になった用語、キーワード]
    ロッチディール(1884年、消費者生活協同組合)、「食」と「職」のアウタルキー(自給自足圏)、資本・経営・労働の一体化、ワーカーズコープ(労働者協同組合?ボスのいない職場)、多元的経済社会、海外との賃金格差を単純比較のみで海外進出はあやうい、量の上にさらに量を築こうとする発想の儚さ

    1978年カーター政権PURPA(パーパ)法[小規模発電法]、売電=電力会社の買い取り義務を盛り込む、1989年原発廃止→サクラメント市民電力公社(第4セクター)、自治体+市民出資、アボイデット(避けられた)コスト

    エネルギー「需要をいかに抑えるか」からの発想、1980年デンマーク「エネルギー税」→石油と石油製品の価格を高値で維持→再生可能エネルギー促進→企業の売電、税金還付(→)社会に定着、補助率を低下、廃止

    道路の迂回システム→もっと便利に固執する限り、もっとも不便、セルに分割したまちの境界を無断で通過させない

    地域内のエネルギー量の最小化、エネルギーのアウタルキー形成、需要ありきではない、社会コストを含めた電力料金、果たして原発は含まれているのか

  • 題名から「シェア」を連想した。

  • 1995年の作品だが、非常に有用な提言がある。今もって実現されていないが、国民がいけないのか?国策を立案・実行する国会議員・官僚がいけないのか?いま一度社会的にとり上げ検証して頂きたい内容である。

  • [ 内容 ]
    多元的産業社会が迫っている。
    円高に揺さぶられ、低迷をつづける日本経済。
    そのなかでベンチャー、中小企業、市民事業が新たな質の活動を始めている。
    環境負荷ゼロ、エネルギー自給、途上国との共生などの夢あふれる目標実現のために活動する人々。
    たちはだかる行政の壁。
    現場取材にもとづき、新経済システムへの胎動を生き生きと描く。

    [ 目次 ]
    1 「使命共同体」のパラダイム
    2 「辺境と周縁」の条理
    3 「実験的社会システム」の旗
    4 「政策と合意」のはざま
    5 「多元的経済社会」への道標

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 福島第一原発の事故を見て、過去に読んだ本を思い出してみた。
    社会的コストやゼロエミッション、まさに今現在直面している課題である。

  • 15年も前に書かれている本で、取り上げられているケースこそ古いものの、シェアビジネスなど多元的経済社会的な考え方は現代でも通用する。良書

    以下雑記
     国家とはなにか?それは領土内の唯一の統治者ではなく、教会や組合、その他の自発的な組織やあつまりでありそれが多元的国家である。
     人々にとって労働が生活の糧をあがなうためのやむを得ざる代償として存在する限り、労働は堕落する。労働が堕落すると市場経済の根本も堕落する。労働とは何かを問う姿は会社を社会を形成する唯一の存在とみなし、会社へのdevotionの中に働きがい、生きがいをみた時代への内省からきている。
     1982年、すでにILOは、世界規模での完全雇用を達成するには2000年までに10億人分以上の新たな職が生み出されなければならないと警告していた。これは、従来型の雇用を前提とする場合不可能なことを意味している。では従来型でない労働とはなにか?それは、利益最大化を求める企業が追いかけない、利潤原理にそぐわず公的サービスにもなじまない社会的共有材・サービスの新たな供給である。これらの供給主体の台等を促すような方向性を欠いたまま、ただ雇用危機を論じていても出口のないトンネルの暗闇に向けて、ただ人々を追い立てるだけの議論に終わる。また、この本が書かれた時点では55歳以上の職不足を問題点としてとらえているが、現代はそれがそのまま若者の問題にすり替わっている。むしろどちらも問題は解決するばかりか悪化していると言える。多元的経済社会論的な考え方が求められているはまさに今なのかもしれない。

     また地域産業について、日本の地場産業はいつのまにか量的拡大にばかり気をとられ、歴史的蓄積の上にどう技術を発展させれば時代に対応できるのか、深く考える力を失ったのではないかと記述している。その延長線上で、先を争って海外移転に走り出す傾向はいまだに変わっていない。量の上に量を築こうとするストーリーのない発想で本当に地場産業が生き残れるかははなはだ疑問に感じるところである。
     また、繭の輸入問題をケースとしてとりあげ、以下のようにも述べている。
     「政策の機動性、柔軟性、整合性が強く求められる時代で、円高が逆に硬直化した「政策矛盾」を浮き彫りにしている。そして地域はますます疲弊する。」この事例も現代とまったく変わらないのではないか。

     さらに国家運営における官主導のしくみ、組織における集団優先の秩序維持の原理、産業界で墨守される護送団方式、食管制度からエネルギー救急体制、教育から生活スタイルにいたるまで、効率は非効率に、強さは弱さに一転しようとしていると言える。しなやかさを失った旧体制のシステムが人をしばり、自由な発想、柔軟な行動への希求心をも奪い始めている。だが、制度疲労が叫ばれながらそれに代わるもう一つのシステムはまだ片鱗も姿を現していない。・・と言われてはや15年・・言わずもがな><

     また、環境負荷低減のためにも、適格な位置に発電所を設置すること(アウタルキーの形成)や、スマートシティの構築、システムとのパッケージ輸出などの考えも当時から少なからず構想されていたようだが、あまり目に見える形で進んでいないのは、技術だけではなく上記の問題を解決できない我が国のシステムにも問題がある。
     デンマークは、経済成長とエネルギー消費の低減を両立させていたらしい。(1991年当時)が世界的な金融危機と外需の落ち込みに伴う輸出減で財政に苦しんでいるところを見るとそう単純な話ではないかもない。がしかし、それでも日本が学ぶべきところは多いように思う。
     近年既得権益等の言葉が話題になることが多いが、それとは対極にあるの公共性についても言及している。公共とは、たとえば交通のケースで言うと自動車という一交通手段のための個別利権用語ではない。むしろ、生活者歩行者の安全と安穏、そして全地球的な利益にかなう新しい交通体系を構築することであるとしている。したがって、既存のエネルギー価格には地球的利益や社会に転嫁されたコスト(外部不経済)が計算に入っていないため、これらの社会コストを加味して再生可能エネルギーと比較すべきであるという考え方は至極まっとうな考え方である。
     ドイツでのエネルギー問題解決への取り組みは、いかにして一般市民をPJに積極参加させるかにあった。市民の高い環境意識、再生可能エネルギーへの強い関心はこのような点によって醸成されている。
     また、官主導の政策の限界についても、制作過程の内部に社会市民が参画できる仕組みづくりの必要性、行政秘密の公開、政治や政治家が行政官僚を制御することの限界と情報公開の進歩などについて記述されておりこれもまた現代でも必要とされる議論ではないか?
    議会制民主主義とは、民意を代表する素人を議会に送ることを前提として成り立っている。政治理念は彼らが示し、法案作成のプロがそれを形にし、政府が実行に移す。これがコンセンサス形成を重視する議会政治の在り方である。

    心に残った一文
    教育というのは、子供達が未来に向かって生きる力を育むこと

全15件中 1 - 10件を表示

内橋克人の作品

共生の大地―新しい経済がはじまる (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする