祖国よ―「中国残留婦人」の半世紀 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.29
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303862

作品紹介・あらすじ

「満州開拓」が"国策"になっていた1930-40年代、多くの女性が家族とともに、あるいは妻になるために、中国へ向かった。だが敗戦とともに強いられた逃避行。中国人の妻となり母となった彼女たちは、「日本人」として文革の時代を生きていく。帰国した人、いまも中国で暮らしている人への長年の取材を通じて、国とは何か、と問いかける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私たちはもっと近代史を学ばなければいけん!と思ったね。
    知らなすぎる。なぜ満州に当時の人たちが行ったのか。
    そういえば死んだじいちゃんが、満州に行きたがっていたと聞いたが、やっとわかった。
    残留婦人とか残留孤児とかいうけれど、「残留」という文字の語感は、自ら残ったというニュアンスがどこかしこにある。違うんだ!ということを今更ながらに知りました。
    すみません。

全2件中 1 - 2件を表示

小川津根子の作品

ツイートする