細胞から生命が見える (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.20
  • (0)
  • (2)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 37
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303879

作品紹介・あらすじ

ヒトはかつて一個の細胞として創成された。そしていまも、すべての生物と同じように、細胞のスーパーな能力に依存して生命を存続させる。細胞のしくみを知ることから、生命の永続性と奥深さが理解できる。また、細胞の外界への対応の柔軟さと多様性の意義を共感できる。最新の生命科学の成果をもとに、細胞の真の姿とふるまいにせまる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2016.10.23 読了

  • 専門用語が結構出てきますが、例えがうまく、わかりやすく読めると思います。

  • [ 内容 ]
    ヒトはかつて一個の細胞として創成された。
    そしていまも、すべての生物と同じように、細胞のスーパーな能力に依存して生命を存続させる。
    細胞のしくみを知ることから、生命の永続性と奥深さが理解できる。
    また、細胞の外界への対応の柔軟さと多様性の意義を共感できる。
    最新の生命科学の成果をもとに、細胞の真の姿とふるまいにせまる。

    [ 目次 ]
    プロローグ 細胞―生命の最小単位
    1 すべての細胞は細胞から
    2 細胞は分裂する
    3 細胞のスイッチ
    4 細胞は動く
    5 シグナルの伝達
    6 細胞の継承―染色体の複製と分配
    7 細胞の病理とがん遺伝子
    エピローグ 現代の細胞観

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 細胞は不思議ものですね

  • 人は、1つの細胞から生まれた。細胞は進化を遂げて色々な生物に進化した。1つの細胞が増えて人や動物に進化した細胞の生命力にはとても驚きました。自分が1つの細胞から出来ていると思うと、とても不思議な感じがしました。今も細胞は、進化している。今の科学でも証明出来ない物もある。細胞の進化は、どこまで進化するのか。これからの細胞の進化は、どのように変わっていくのか。細胞の進化がこのまま進んだら新しい生き物が生まれるのではないかと、とても知りたくなりました。

  • 2009.1.12買取申込

全6件中 1 - 6件を表示

柳田充弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする