現代史を学ぶ (岩波新書 新赤版 (394))

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (4)
  • (8)
  • (8)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 82
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303947

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自らのロシア現代史研究の経験に即して、「現代史」あるいは広く「歴史」へのアプローチを論じた著作で、有名な E.H.カー『歴史とは何か』をもっとわかりやすくしたような本、という印象です。
    (著者自らがカーに師事したことがあり、大きな影響を受けています)

    それでも、大学で歴史学を始めたばかりの方にとっては、ところどころわかりにくいところがあるかもしれません。しかし、歴史学の方法論が少しでも身についてきている方なら、わかりにくい部分も補って読めると思います。

    特に、「近代史」「現代史」「近現代史」などと呼ばれる分野を専攻されている方には、研究テーマの設定からアプローチ方法、史料へ向きあう姿勢、研究の進め方まで、得られるところが多いと思います。

  • ソ連崩壊から数年後に書かれた本。ソヴィエト研究者なので、当然ながら共産圏崩壊について高い問題意識で書いている。
    ただ、視点がひたすらにソ連に向いているので、そこに興味がないとはげしくつまらない。
    もっと普遍的な内容だと良かったのに。

  • 現代史の研究方法を学ぼうと思って読んだが、あまりに著者の専攻分野であるソ連についての例が多かった。

  • 【未読】ゼミテキスト用

  •  東大法学部(現・法学政治学研究科)の塩川伸明氏の師匠にあたり、ソ連政治史の大家である渓内氏がソ連崩壊後に現代史を学ぶ事の重要性及びその手順(問題設定、テーマ選定、資料の調査、文章化)などについて自身の経験及びソ連政治史というフィールド、そして何よりもカーの『歴史とは何か』とリンクする形でまとめたもの。
     方法論や現代史研究の手順について筆者の経験をまとめている点、またそれをソ連政治史という文脈で例示してくる点は、ロシアを研究している俺には参考になったが、後者に関しては一般読者には馴染みにくいかもしれない。
     一つだけ気になるのは、戦前生まれの筆者の思想的な立場が、ソ連正統主義的なイデオロギーに元々近かったという(筆者はあくまでも研究の方法論としての立場であると述べている)事もあり、そのせいか、それともソ連崩壊後にソ連研究家に痛烈な社会的、学術的な批判及び無用論が展開されたせいか、仮想敵ともいうようなものを設定し、時に痛烈に批判、反撃しているような文章も見られ、読んでいてしつこく感じられた。我々のような冷戦後の世代に言われたくないだろうが・・・。

全6件中 1 - 6件を表示

溪内謙の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ジャレド・ダイア...
マックス ウェー...
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

現代史を学ぶ (岩波新書 新赤版 (394))を本棚に登録しているひと

ツイートする