遺族と戦後 (岩波新書 新赤版 (399))

  • 岩波書店 (1995年7月20日発売)
3.71
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 17人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004303992

遺族と戦後 (岩波新書 新赤版 (399))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    日本の国内外で多くの人命が失われ、遺族を生み出した半世紀前の戦争。
    だが、戦禍をうけた民間人をはじめとして軍人・軍属でも国籍の有無によって補償されないという状況が、いまも続いている。
    その歴史的・政治的背景を鋭く検証しつつ、遺族会のみならず、さまざまな世代の遺族による多様な国家観、宗教観、そして生き方を描き出す。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全2件中 1 - 2件を表示

田中伸尚の作品

遺族と戦後 (岩波新書 新赤版 (399))はこんな本です

ツイートする