やさしさの精神病理 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.57
  • (61)
  • (92)
  • (177)
  • (9)
  • (5)
本棚登録 : 855
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304098

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 好みのタイプはという問いに対して、「やさしい人」という回答は、男女問わずかなりよく聞きます。

    一緒にいたい人の条件として、かなりの深度で根付いているこの「やさしい」という概念ですが、改めてそれは一体何かと問われると、根深いゆえになかなか簡単に答えられません。

    そのやさしさを主題にしたのがこの本です。
    現代(1995年第1刷)の“やさしさ”と旧時代の「やさしさ」を別の性質を持つものとして分析しています。

    旧時代の「やさしさ」は、相手の気持ちを理解し共感するところにありましたが、新“やさしさ”はむしろ、相手との距離感を保ち、踏み込まない踏み込ませないところにあると。

    数人の患者のエピソードから、新旧やさしさのすれ違いや、新やさしさどうしが噛み合わなくなった場面などを抽出していきます。

    現代の“やさしさ”が機能しなくなったとき、人は精神科を訪れると著者は言っています。なぜなら、自分で決めて後から傷つくのが怖いから。そして、その彼らの言う傷つきやすい自分とはどんなものか、とさらに深めていきます。

    現代の“やさしさ”に近い感覚を持つ私は、我が事が語られているような気がしました。そして、それがある程度時代によって作られていることに新鮮さを覚えました。

    この本ができてからまた数年経ち、この“やさしさ”や「やさしさ」やはたまたまた別のやさしさが生まれているのだろうと思います、そしてそれはどんなものかなと、考えるきっかけになりました。

  • 本書に出てくる”やさしい”人々は、中島義道さんの言う”善人”と同義だと思った。

    何がやさしいか、だなんて悩むことはないのだと思う。
    集団の中で発動させる”やさしさ”はある程度空気に則ることが必要だろうが、1対1の通常の人間関係においては相手によってその発動の仕方を変えれば良いだけ。
    勿論まったくの他人なのだからそれを間違えることもあると思う。しかしトライアルアンドエラーを繰り返してその"やさしさ"がお互いに心地よいものになる。諦めたくない。

    2017.10.8

  • 意外とつまらなかったです。
    古い本なので、
    インパクトも弱いし,
    事例の紹介が主で、
    深みがかけるので、
    読み継がれるものでもないでしょう。

    全てのレビュー

  • ホットとウォームの二種類の”やさしさ”の話。ちょっと古さを感じる部分もあったけど、わかりやすくてとてもおもしろかった。
    昔がよくて今はだめ、という話ではなく、人付き合いの仕方が変わってきているのを感じた。
    やさしくしたいやさしくされたい。傷つけたくない傷つきたくない。

  • [ 内容 ]
    席を譲らない“やさしさ”、好きでなくても結婚してあげる“やさしさ”、黙りこんで返事をしない“やさしさ”…。
    今、従来にない独特な意味のやさしさを自然なことと感じる若者が増えている。
    悩みをかかえて精神科を訪れる患者たちを通し、“やさしい関係”にひたすらこだわる現代の若者の心をよみとき、時代の側面に光をあてる。

    [ 目次 ]
    序章 過剰な“やさしさ”
    第1章 “やさしい”時代のパーソナリティ
    第2章 涙のプリズム
    第3章 ポケベルのささやき
    第4章 縫いぐるみの微笑み
    第5章 沈黙のぬくもり
    第6章 “やさしさ”の精神病理
    終章 心の偏差値を探して

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 1995年初版。旧来のやさしさとは違う「やさしさ」について書かれている。何度読んでもおもしろい本。この本で書かれた「やさしさ」は、出版から10年以上が経過して、今ではすっかり世の中に浸透していると思う。今回は「暖かい沈黙」という言葉を特におもしろく感じた。旧来のやさしさでは、言葉は一体感を持つための重要な道具だったが、「やさしさ」にとっては言葉よりも「暖かい沈黙」が好まれる。ホットじゃなくて、ウォームな関係。

  • ひとの気持ちに寄り添い、深く理解する旧来の「やさしさ」に変わって、相手の気持ちの深いところにあえて踏み込まない「やさしさ」、あるいは、相手の負担になるような自分の気持ちの深い部分を見せない「やさしさ」を、テーマにした本です。

    周囲の人びととの「やさしい」付き合いのなかで、しだいに自分自身の心のスタミナをすり減らせてしまった多くの〈患者〉たちのエピソードを通して、現代人が抱える心の問題に迫っています。

  • この本は20年以上前に出版されていて、未だに本屋で販売されているベストセラー。診察を受けるハードルを一気に下げた世の中を変えた本。当時は偏見の中、受診しなければならなかったし、母に罵られのだが、この本を読んでいたから病院に行って投薬出来て今生きているのだと思います。自殺で突然亡くなった友達もいるので、この一冊に巡り合う意味は大きいのではないでしょうか。

  • 優しさについて深く考えさせられた。人によって、優しさは違う。難しいなぁと思った。

  • 「ドライな関係」を好みがちな現代社会の人々は優しさを拒んでいるのではない。「ホットな」優しさを嫌い、拒絶し、「ウォームな」優しさを求めているのである。この本には、現代社会の中での優しさを再度認識させられた。冷たさ、と優しさは表裏一体の関係なのだ。それは現代社会を生きる人々のパーソナルスペースの縮小、自立性に起因しているのかもしれない。

全110件中 1 - 10件を表示

大平健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
宮部 みゆき
ヘルマン ヘッセ
金城 一紀
有効な右矢印 無効な右矢印

やさしさの精神病理 (岩波新書)に関連するまとめ

やさしさの精神病理 (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする