私の平和論―戦前から戦後へ (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304111

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    「戦後五○年を考えるというとき、当然一九四五年からはじめることでは不十分である」。
    大正時代、青島(チンタオ)での少年の日から、「八月一五日」を経て、戦後の市民運動へ。
    戦争と平和、加害と被害、国家と個人の問題を、「父の眼」までを合わせ、一○○年間を顧み、考える。
    『戦後思想を考える』から一五年、待望の書き下ろし。

    [ 目次 ]
    第1章 父と子
    第2章 『きけわだつみのこえ』再読
    第3章 八月一五日以後
    第4章 加害を自覚するということ
    第5章 憲法について―短い感想

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

社会学者
戦後の革新的な運動に関わり、提言を行う
著書に
『戦後思想を考える』
『日高六郎教育論集』
など

「1995年 『日本と中国』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日高六郎の作品

ツイートする