Windows入門―新しい知的ツール (岩波新書 新赤版 (420))

著者 :
  • 岩波書店
3.23
  • (1)
  • (1)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304203

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1995.12.25読了)(1995.12.21購入)
    新しい知的ツール
    内容紹介 amazon
    ぐんと身近になったパソコンを,さらに進化させる「ウィンドウズ95」.パソコンの事実上の「標準語」となる,このソフトウェアの特徴はなにか.使いかたのツボはどこか.文書作成,表計算,データベース,ネットワークなど盛りだくさんの機能を効果的に結合させ,新しい知的生産に活用するための方法と考え方を,技術的背景を踏まえて解説する.

    ☆関連図書(既読)
    「MS-DOSとは何か」脇英世著、ブルーバックス、1986.06.20
    「悪魔のパスワード」脇英世著、講談社文庫、1988.08.15
    「IBMのAIX戦略」脇英世著、オーム社、1990.07.20
    「MS-Windowsとは何か」脇英世著、ブルーバックス、1991.01.20
    「IBM 20世紀最後の戦略」脇英世著、講談社文庫、1991.02.15
    「パソコン世界の嵐」脇英世著、講談社文庫、1993.05.15

  • Windows95は、マイクロソフトの転換点だった。
    TCP/IPを標準装備。
    Telnet, FTPを標準装備。
    メール機能を標準装備。
    この3点をとっても、画期的だった。

    その後、Windows2000で、UNIXの機能をさらに取り込み、安定したOSになった。
    その転換を記念すべき書籍だろう。

  • 2冊

全3件中 1 - 3件を表示

脇英世の作品

Windows入門―新しい知的ツール (岩波新書 新赤版 (420))に関連するまとめ

ツイートする