転換期の国際政治 (岩波新書)

  • 岩波書店 (1996年2月20日発売)
3.14
  • (0)
  • (3)
  • (19)
  • (0)
  • (0)
  • 36人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304340

作品紹介

冷戦終結から五年。平和な世界への期待とは裏腹に、地域紛争は絶えず、環境問題や第三世界の貧困など、地球規模の課題は山積している。大国の動向にのみ注目する従来の「現実主義」国際政治学では理解困難な混沌を、エスニック集団やNGOなどにも焦点を当て、国連改革の方向性と日本の国際貢献のあり方を織り込みながらよみ解く。

転換期の国際政治 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冷戦時代の国際政治学は、パワー・ポリティクスの展開に着目する「現実主義」がそれなりの成果を収めてきました。しかし、冷戦以降の国際政治を読み解くの多様化によって、従来の現実主義では解明できない問題が、次々に生じてきたとされます。その最大の問題が経済問題です。さらに、社会や文化に関する問題は、主権国家の政治・軍事情勢の分析の実によってはもはや把握することはほとんど不可能です。

    本書は、こうした問題意識に立って、冷戦以降の国際政治を読み解くさまざまな視点を紹介しています。具体的には、南北格差の問題、民族問題、人権問題、国連に関する問題などが取り上げられています。西欧で生まれた従来の主権国家理論によって、国際政治に関するさまざまな問題に対する最適解を導く「マネジメント」に替わって、非西欧諸国のさまざまな価値観の間の調整を通して最適解を求めていく「ガヴァナンス」の方法が求められているというのが、著者の見解の中心になっています。

  • 冷戦後、いわゆるパラダイムシフトが起こる中で、国際政治をどのように見ていくかと。
    バランス・オブ・パワー、リアリズム、二項対立的なものの見方が批判されていく中でどうすればいいのかを考えていく本。

全2件中 1 - 2件を表示

武者小路公秀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

転換期の国際政治 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする