隅田川の文学 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
2.86
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304616

作品紹介・あらすじ

各時代の文学が、どのようにこの川を舞台に生かしてきたか、また先行作品と響きあっていたか。川端、芥川、荷風、鏡花らの近代作家、黙阿弥、南北、芭蕉ら江戸の劇作家や俳人、そして中世以前では軍記物、紀行、能から和歌、物語まで、時代をさかのぼって、名作・名場面を古典研究の第一人者が案内する。文学を歩んでみたくなる好著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 構成の妙。近現代から近世、中世と時代を遡って隅田川が舞台となる文学作品があったかを明らかにしていく。そして先行作品をどのように作品の中に取り込んでいったかを明らかにしている。
    江戸の文学作品では、鎌倉の稲瀬川が隅田川の偽装でであり、鎌倉幕府が当世の幕府になるという構造。ちょっと面白い。稲瀬川を含めた鎌倉が文学の中で生きていたとはね。

  • 様々な文学の中で現れた隅田川の紹介は興味深い。ただ、ところどころ文章が分かりづらいのが難点。

  • 13/11/03、神保町・澤口書店で購入(古本)。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1933年東京生。専門は和歌文学・中世文学。文学博士。東京大学名誉教授。著書に『花のもの言う』(新潮社)、『野あるき花ものがたり』(小学館)、『歌の花、花の歌』『ことばの森-歌ことばおぼえ書』(明治書院)、『隅田川の文学』(岩波書店)、『新古今和歌集全注釈』全六巻(角川学芸出版)、『藤原定家全歌集』上下(筑摩書房)など。07年瑞宝重光賞。13年文化功労者。

「2018年 『和歌文学大系45 古今和歌六帖(上)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

久保田淳の作品

ツイートする