古都発掘―藤原京と平城京 (岩波新書)

制作 : 田中 琢 
  • 岩波書店 (2003年6月20日発売)
3.19
  • (1)
  • (1)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :42
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304685

作品紹介

日本初めての計画都市=藤原京、そして「あおによし」と歌われた華やかな古代史の舞台=平城京。いま、どこまで古代都市の姿がわかってきたのか-発掘調査の最前線をになう研究者たちが興味深いエピソードをまじえながら、最新成果をわかりやすく解説する。考古学・古代史ファンにとって待望の書。収録図版多数。

古都発掘―藤原京と平城京 (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1996年刊行。著者は奈良国立文化財研究所研究員ら。複数の著者による藤原京・平城京発掘成果を、小テーマ形式で解説。朝日新聞奈良版連載の集積で、ワンテーマの分量は多くはないが、多岐に亘るので広く浅く見るには有意義。個人的には①造営用材の調達(現代もまだ禿山化している滋賀県田上山の主峰太神山)、②複数の学説がある藤原京放棄の理由(ⅰ都市化と汚濁化、ⅱ難波津や水運交通の問題、ⅲ焼亡、ⅳ地形)、③火葬が開始された理由が、遠い故郷での埋葬を可能にするため、などが興味をそそられた。

  • [ 内容 ]
    日本初めての計画都市=藤原京、そして「あおによし」と歌われた華やかな古代史の舞台=平城京。
    いま、どこまで古代都市の姿がわかってきたのか―発掘調査の最前線をになう研究者たちが興味深いエピソードをまじえながら、最新成果をわかりやすく解説する。
    考古学・古代史ファンにとって待望の書。
    収録図版多数。

    [ 目次 ]
    第1部 藤原京(都市の時代がはじまる;造営はいつからか;宮の位置をめぐる論争;大きさはまだ決まらない;都市名はなかった? ほか)
    第2部 平城京(京域の復原;「平城」の呼び名;古道と都のメインストリート;造営に用いた尺度;宮城十二門をめぐって ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • コラム集ふうで一遍一遍が読みやすい。刊行年から時間が建っている為また異なる結論、仮説が出ている箇所があるはずだか、それが歴史のおもしろさ。自分の頭の調整は自分で行っていこう。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高橋 英夫
有効な右矢印 無効な右矢印

古都発掘―藤原京と平城京 (岩波新書)はこんな本です

ツイートする