脳と神経内科 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.39
  • (2)
  • (5)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 50
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304753

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 生化学的な内容も含んでおり一通り勉強していると整理と確認ができ面白く読み進めることができた。しかも臨床医が書いてあるためこれから臨床に出る学生としてはとても刺激になる内容だった。ちなみに小長谷先生は基礎→臨床と専門を変えられたみたいだ。

  • 神経内科医による、脳と神経に関する病気などについて解説された本。

    語りかけるようなわかりやすい文章で、すっと入ってくる。
    お医者さんの書いた本ってそういうのが多い気がするんだけど、気のせいかな(医師が書いた本を多く読んでるからかもしれないけど)。

    けいれん、認知症等の痴呆、狂犬病等の感染症、腫瘍などなど、身近だったりそうでない病気の臨床像や原因がわかりやすく述べられている。
    体のバランスがとれない、うまく歩けないなどの症状があったら神経の異常を疑うべきってことなんだろうな。

    知識として持って置いて損はない内容でした。

  • [ 内容 ]
    字が読めない、テンカン、パニック障害、アルツハイマー病など、神経系の中枢=脳の障害は多く、むずかしい。
    それらの障害部位と原因はどこにあるのか、知識と経験にもとづいた名探偵もどきの推理力で神経内科医は診断し、治療をおこなう。
    精密であるがゆえに、細菌やウイルス、薬に弱い脳の病を解説する。

    [ 目次 ]
    1 五感のゆくえ―感覚処理
    2 脳はすべてを支配する―神経内分泌など
    3 ケイレン―テンカンとこむら返り
    4 ボケはむずかしい―痴呆
    5 狂犬病とノーマクエン―中枢神経感染症(1)
    6 狂牛病とHAM―中枢神経感染症(2)
    7 燃える細胞―ミトコンドリア脳筋症・筋障害
    8 頭の中の腫れもの―脳腫瘍
    9 スモン

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 400430475x  230p 1996・11・20 1刷

  • 神経内科で扱われる病気について、概説している本である。
    もっと一般で医療の分野に関心のある人が読みやすい本かなと期待していたが、思っていたより専門的だった。
    求めるものの違いかもしれないけど期待外れ。

全5件中 1 - 5件を表示

小長谷正明の作品

ツイートする