現代「死語」ノート (岩波新書)

著者 : 小林信彦
  • 岩波書店 (1997年1月20日発売)
3.26
  • (3)
  • (4)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
  • 96人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304845

作品紹介

「太陽族」「黄色いダイヤ」「私は嘘は申しません」「あたり前田のクラッカー」「ナウ」…。時代の姿をもっともよく映し出すのは、誰もが口にし、やがて消えて行った流行語である。「もはや戦後ではない」とされた一九五六年から二十年にわたるキイワードを紹介する、同時代観察エッセー。

現代「死語」ノート (岩波新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 言葉って、世相を見事に表しているように思える。

  • 再読。言葉から紡ぐ個人的近代史、かな。個人のフィルターのとても強い本なので、新書と言うスタイルとタイトルから想定される内容とはかなり違うので驚かれる方も居るのでは。小林信彦の時評エッセイに馴れ親しんでいる人には納得の一冊。

  • 時代背景とともに現在はほぼ使われていない「死語」を説明。でも、70パーセントぐらいはなんとなく聞いたことあるような言葉ばかり。私も昔の人なのね。
    「ナウなヤング」は面白すぎ。今も友達と冗談でよく使っている。

  • 去年読んだ本。

    タイトル通りの本でした。

  • [ 内容 ]
    「太陽族」「黄色いダイヤ」「私は嘘は申しません」「あたり前田のクラッカー」「ナウ」…。
    時代の姿をもっともよく映し出すのは、誰もが口にし、やがて消えて行った流行語である。
    「もはや戦後ではない」とされた一九五六年から二十年にわたるキイワードを紹介する、同時代観察エッセー。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 太陽族〉〈黄色いダイヤ〉〈私は嘘は申しません〉〈あたり前田のクラッカー〉〈ナウ〉….時代の姿をもっともよく映し出すのは,誰もが口にし,やがて消えて行った流行語である.〈もはや戦後ではない〉とされた1956年から20年にわたるキーワードを紹介する,同時代観察エッセー.

  • 1956年から1976年に話題になた「流行語」が紹介されている。その時々の言葉が,時代を映し,当時を生きた人々のエネルギーさえ感じられます。

  • トイレの本棚に置いてます。チラ読みするのに最適。

全8件中 1 - 8件を表示

小林信彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
遠藤 周作
マーク・ピーター...
谷崎 潤一郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする