法廷のなかの人生 (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.29
  • (1)
  • (4)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304876

作品紹介・あらすじ

「犯罪」という社会の病理を扱う法廷。その主役は被告人だけではない。弁護士、検察官、裁判官、そして傍聴人の、それぞれの役目と思いを帯びた人生が交錯する。"開かれた裁判所"をめざし、無心に傍聴席にすわりつづけて四半世紀。裁判傍聴業を自称する作家が、人間という摩訶不思議な存在に肉迫する法廷エッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フォトリーディング&高速リーディング。
    裁判傍聴者としてのエッセイ。

    著名な小説家の本にしては現在はそれほど売れていないのか、レビューが少なかった。読んでみて感じたのは、著者のファンなら楽しめたのかなと言った内容。それゆえのレビューの少なさか。

    読書の目的にもよるが、私自身は速読多読以外の目的では読もうとしなかった本。暇つぶし的な内容。

  • 法廷の中で起こる出来事をつづったエッセイであった
    えーそうなんだという感じで読んだ記憶

  • 大好きな松江の先生がやった事件の話も出てきて嬉しい(「闇の中の光」という佐木隆三さんの本になっている10数年かかった無罪事件)。その被告人と佐木さんが飲みに行った話とか。
    佐木さんぐらいになってくると「裁判傍聴業の自分史」が充実してて面白い。つれづれと傍聴記をつづってる。同じ傍聴記でも人によってなんとなく雰囲気や温かみがちがってくる。佐木さんの人柄を感じた、気がした。
    傍聴記を読んでいると、当たり前だけど、法廷の中側では多くの情報と権限があるのだなあと・・一人よがり・裁判所側の自己満足にならないような努力をせねばならないと思います。

  • これを読んで一時期裁判傍聴にハマる。

    一市民に与えられた傍観者の権利は行使しないと勿体無いよね。

    筆者の裁判傍聴人生で出会った様々な出来事がコミカルに描かれていて面白い。

  • [ 内容 ]
    「犯罪」という社会の病理を扱う法廷。
    その主役は被告人だけではない。
    弁護士、検察官、裁判官、そして傍聴人の、それぞれの役目と思いを帯びた人生が交錯する。
    “開かれた裁判所”をめざし、無心に傍聴席にすわりつづけて四半世紀。
    裁判傍聴業を自称する作家が、人間という摩訶不思議な存在に肉迫する法廷エッセイ。

    [ 目次 ]
    雪の日の判決
    「自己同化」の自白
    微罪でない微罪
    大法廷の小事件
    さまざまな証言
    被害者の事情
    法廷の“賓客”たち
    沖縄のアメリカ兵
    被告人と弁護人
    「殺意」の存在〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 自らの職業を「裁判傍聴業」とする著者が、犯罪という社会病理を扱う「法廷」をエッセイ風に纏めたもの。トピック別に著者の豊富な裁判傍聴・取材の経験談が記述されていた。裁判を扱ったノンフィクションを読んでみようと思っていた自分にとって、「法廷」について概観できたことは収穫だったと思う。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

作家。1937年、朝鮮に生まれる。八幡中央高校卒業後、八幡製鉄所に勤める。2006年から北九州市立文学館館長、北九州市立大学の特任教授、九州国際大学客員教授。『ジャンケンポン協定』で新日本文学賞、『復讐するは我にあり』で直木賞、『身分帳』で伊藤整文学賞を受賞。主な著書に『ドキュメント狭山事件』他多数。

「2011年 『越山 田中角栄』 で使われていた紹介文から引用しています。」

佐木隆三の作品

ツイートする