芸術のパトロンたち (岩波新書)

著者 :
  • 岩波書店
3.51
  • (6)
  • (9)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 112
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784004304906

作品紹介・あらすじ

芸術創造の長い歴史のうえで芸術の保護者たるパトロンの果たした役割は大きい。富と権力を誇るルネッサンスの王侯貴族や教会、新興の近代市民階級、コレクターや画商、現代の政府・企業。彼らは芸術のあり方にどんな影響を与えたのか?美術館や展覧会が登場した意味とは?社会的・経済的担い手とのかかわりに光をあてるユニークな美術史。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 芸術家たちの創作活動を支えたパトロンたちの姿に注目することで、精神史的・社会史的観点から芸術のあり方を考察する試みです。

    レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとするルネサンスの芸術家を支えたのは、教会や王侯貴族たちでした。その後、ヨーロッパにおける市民社会の成立によって新興階級である市民が芸術家たちの新たなパトロンとなり、印象派以降は批評家や画商が、さらに現代では美術館や展覧会が、パトロンの役割を果たすようになります。パトロンたちと芸術家の交渉の中から作品の価値が形作られていくことの問題に迫るための、格好の入口になる本だと思います。

  • レポートのために読んだやつ。歴史が主で、だけど最後の方には現代のパトロンを分析している。作者はこの世界の大家らしい。

  • 西洋美術を、パトロンという視点から考察。

    ちょっと難しそうなので少しだけ読んで断念しました・・・。

  • 地元の図書館で読む。著者は、「名画を見る眼」等の著書で著名な大原美術館館長です。正直、期待はずれの本でした。テーマは、芸術家とその注文主の関係です。近代における芸術家の姿を描いた部分は、一般論ではなく、印象派の画家のものです。もう少し調べて、真面目に書くべきです。別の描き方があったのではないのでしょうか。読みやすい本ですが、好きになれません。この分野に興味のある人は、別の本を探した方がいいです。

  • パトロンの歴史がわかりやすく、おもしろかった。

  • パトロンという観点から美術史を振り返ってみたというテーマ。
    あくまで美術史、あるいは社会史といった感じでしょうか。

    前提として、出てきた作品を知っておかないと楽しめないかもしれません。
    (美術史関係の書籍全体にいえることですが)

    作者もあとがきで言うように、ミケランジェロのギャラがいくらなのかといったことを知りたい野次馬精神で出来た本だともいえますので、その辺に興味がある人は是非。
    他にもジョットなどルネサンス期の名だたる芸術家たちのリアルな生活(金銭面の)を詳しく書いている前半部はとくに面白かったです。(でも各画家の概説書読めばいいんじゃないかという気も・・・笑)

    さーっと読む感じでした。

  • レポート用。
    かじりはじめの私には読みやすかったです。
    このあたり詳しい方には目新しいものは無いかもしれませんが。

  • 産業革命以降が面白った。パトロンや価値観が多様化して現代までに至る。商工業メセナ活動促進協議会の理念の一つである「企業はまずその従業員に対して責任を負っているが、その責任には、生活の安定や供給だけでなく、文化的環境を提供することも含まれなければならない」社会貢献などではなく、企業の責任として強く考えている事に驚いた。

  • 絶版なので、古本サイトでお取り寄せしました。
    一読して、絶版であることは、本当にもったいない限りです。

    芸術を誰が支えたか?また、誰が必要としたか?というテーマは、現代の我々にとっても、美術鑑賞の基礎知識として必須です。

    大きな歴史の流れのうえで、ツボを押さえた本書は他書では担いきれない良書です。

    読んでいて頭が整理される高階氏の著作は、毎回、読む度に、新しい発見があります。

  • パトロンがいなけりゃ、アートは生まれない。
    パトロンとアートは表裏一体。

    現代は国民のすべてが、ある意味でパトロンになってるということだ。

全17件中 1 - 10件を表示

プロフィール

一九三二(昭和七)年、東京生まれ。五三年、東京大学教養学科卒,同大学大学院で美術史専攻.五四~五九年,パリ大学附属美術研究所で近代美術史を専攻.国立西洋美術館主任研究官、文部技官、東京大学教授、国立西洋美術館館長を経て、現在大原美術館館長。

高階秀爾の作品

芸術のパトロンたち (岩波新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする